ニュース

Ken Yokoyamaの約8年ぶり日本武道館公演、来年3月開催

Ken Yokoyamaによる日本武道館公演『DEAD AT BUDOKAN RETURNS』が、2016年3月10日に開催される。

2008年に東京・九段下の日本武道館で行われた『DEAD AT BUDOKAN』以来、約8年2か月ぶりの日本武道館でのライブとなる同公演。横山健(Vo,Gt)は、あわせて発表されたコメントの中で、以前から日本武道館でライブをもう1度やりたいと感じていたという心境を明かしており、「今回、再び武道館に戻れることになって、言葉以上に嬉しさを感じていますが、“I Won't Turn Off My Radio”の歌詞にある通り、だいぶ遠くまで来てボロボロになった自分を実感してます。恐らくオレがなにを言いたいか、もう皆さんに察していただけたと思います。できれば多くの方に、都合をつけて観に来てもらいたいです」と語っている。

なお、同公演は9月2日にリリースされるニューアルバム『Sentimental Trash』のレコ発ツアーの最終公演としても位置づけられており、同作にはチケット先行予約のシリアルナンバーが封入される。

Ken Yokoyamaのコメント

2016年3月10日、8年2ヶ月振りに武道館のステージに立ちます。 長い間待ち望んでいた、Ken Yokoyama武道館再び。 「DEAD AT BUDOKAN Returns」と名付けました。 近年フェスなどで大きな舞台を踏ませてもらうことは多々あります。
しかし自分達で舞台を一から作って立つのは、2010年のDEAD AT BAYAREA以来です。
実はその2010年に思ったことがあります。
「きっとこれが最後の大舞台だ」
もう自分には、自分のために大きな舞台を作るエネルギーも力も残らないだろうって思ったんです。
本気でそう思っていました。

その一方「武道館にはいつか戻りたいなぁ...」というのは感じていて、いろんなタイミングがうまく重なるのを待っていました。
二度と来ないかもしれないけど、待っていました。
タイミングは来てもエネルギーはないかもしれない、そう思いつつも待っていました。
まだ今ならエネルギーはある、執念っちゅーエネルギーです。

今回、再び武道館に戻れることになって、言葉以上に嬉しさを感じていますが、「I Won't Turn Off My Radio」の歌詞にある通り、だいぶ遠くまで来てボロボロになった自分を実感してます。
恐らくオレがなにを言いたいか、もう皆さんに察していただけたと思います。
できれば多くの方に、都合をつけて観に来てもらいたいです。

イベント情報

『DEAD AT BUDOKAN RETURNS』

2016年3月10日(木)OPEN 17:30 / START 18:30
会場:東京都 九段下 日本武道館
料金:前売 アリーナ5,800円 スタンド席4,800円

リリース情報

Ken Yokoyama
『Sentimental Trash』(CD)

2015年9月2日(水)発売
価格:2,365円(税込)
PZCA-73

1. Dream Of You
2. Boys Don't Cry
3. I Don't Care
4. Maybe Maybe
5. Da Da Da
6. Roll The Dice
7. One Last Time
8. Mama,Let Me Come Home
9. Yellow Trash Blues
10. I Won't Turn Off My Radio
11. A Beautiful Song
12. Pressure Drop

amazonで購入する

『DEAD AT BUDOKAN RETURNS』メインビジュアル
『DEAD AT BUDOKAN RETURNS』メインビジュアル
Ken Yokoyama
Ken Yokoyama
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優