ニュース

舞台『ギャグマンガ日和』全国劇場で生中継、女子流メンバーも出演

増田こうすけ原作の舞台『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』のライブビューイングが、9月19日に全国の映画館で開催される。

『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』は、2000年から『月刊少年ジャンプ』に連載され、現在は『ジャンプスクエア』で連載中のギャグ漫画。舞台版では、これまでに『ヘルプマン』『弱虫ペダル』『殿といっしょ』などの舞台化を手掛けてきたほか、映画『東京無印女子物語』など映像の分野でも活動するなるせゆうせいが脚本と演出を担当する。

キャストには舞台版オリジナルキャラクターで主人公の普通田ふつお役を演じる鎌苅健太をはじめ、テンテン役の新井ひとみ(東京女子流)、聖徳太子役の西山丈也、小野妹子役の橋本祥平、うさみ役の真凛、普通田ふつ子役の中江友梨(東京女子流)、クマ吉役のボン溝黒(カナリア)らが名を連ねている。

ライブビューイングのチケット先行予約は9月6日11:00まで受付中。開催会場の詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。なお、同日にはニコニコ生放送での生中継も予定されているほか、9月26日から動画視聴サービス「ルッキュ」で公演の模様を記録した映像が配信される。

イベント情報

『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』ライブビューイング

2015年9月19日(土)19:00~全国の映画館で開催
料金:3,400円

イベント情報

『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』

2015年9月16日(水)~9月21日(月・祝)
会場:東京都 銀座 博品館劇場
脚本・演出:なるせゆうせい
出演:
鎌苅健太
新井ひとみ(東京女子流)
西山丈也
橋本祥平
宮下雄也
真凛
中江友梨(東京女子流)
磯貝龍虎
ボン溝黒(カナリア)
真佐夫
才川コージ
小野由香
服部ひろとし
佐藤蕗子(mizhen)
ナカムラアツシ
市川刺身(そいつどいつ)
シカトホクト(ギャンブルグルーヴ)
山本成美

『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』メインビジュアル ©増田こうすけ/集英社 ©舞台 増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和」製作委員会
『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』メインビジュアル ©増田こうすけ/集英社 ©舞台 増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで