ニュース

トム・ハーディがディカプリオの鼻を折る、『バードマン』監督新作

アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の新作映画『レヴェナント:蘇えりし者』が、2016年春に日本公開されることがわかった。

2006年の『バベル』で『第59回カンヌ国際映画祭』監督賞、2014年の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で『第87回アカデミー賞』作品賞、監督賞を含む4部門を受賞したイニャリトゥ監督。

新作『レヴェナント:蘇えりし者』は、アメリカ西部の未開拓の荒野を舞台に、喉を熊に裂かれて重傷を負ったハンターのヒュー・グラスが、厳しい自然の中で瀕死の自分を置き去りにした男・フィッツジェラルドに復讐を果たすため、約300キロの過酷な旅をするというあらすじだ。

主人公のヒュー・グラス役をレオナルド・ディカプリオ、グラスと同じ狩猟チームのメンバーだったフィッツジェラルド役をトム・ハーディが演じる。格闘シーンでは極寒の地でディカプリオとハーディを本気で戦わせ、ディカプリオが鼻を折った後もそのまま撮影を続行するなど、リアリティーを追求した作品になっているという。撮影監督は『ゼロ・グラビティ』『バードマン』で『アカデミー賞』撮影賞に2年連続で輝いたエマニュエル・ルベツキが務めている。

作品情報

『レヴェナント:蘇えりし者』

2016年春に公開
監督・脚本:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演:
レオナルド・ディカプリオ
トム・ハーディ
配給:20世紀フォックス映画

『レヴェナント:蘇えりし者』 ©2016 Twentieth Century Fox
『レヴェナント:蘇えりし者』 ©2016 Twentieth Century Fox
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業