ニュース

蒼井優が詐欺師役、左手を探す男を描く英戯曲『スポケーンの左手』

舞台『スポケーンの左手』が、11月14日から東京・三軒茶屋のシアタートラムで上演される。

2010年にニューヨークで初演された同作は、『第78回アカデミー賞』で短編実写映画賞を受賞した『シックス・シューター』などの映像作品も発表しているアイルランド系イギリス人の劇作家マーティン・マクドナーによる戯曲。アメリカ・スポケーンを舞台に、27年間にわたって自分の左手を探している男・カーマイケルと、彼を騙そうとする詐欺師のトビーとマリリン、3人の対立をけしかけるホテルのフロント係・マーヴィンの姿を通して、個人的な問題にこだわり続ける男の滑稽さを描くブラックコメディーだ。

今回の出演者には、マリリンを演じる蒼井優をはじめ、トビー役の岡本健一、マーヴィン役の成河、カーマイケル役の中嶋しゅうが名を連ねている。翻訳と演出は、『第48回紀伊國屋演劇賞』個人賞をはじめとする多くの受賞歴を持ち、小栗旬と田中哲司の二人芝居『RED』でも翻訳と演出を担当した小川絵梨子が手掛ける。チケットは一般発売中。

イベント情報

『スポケーンの左手』

2015年11月14日(土)~11月29日(日)全21公演
会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム
作:マーティン・マクドナー
翻訳・演出:小川絵梨子
出演:
蒼井優
岡本健一
成河
中嶋しゅう
料金:7,800円

左から蒼井優、成河、中嶋しゅう
左から蒼井優、成河、中嶋しゅう
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー