ニュース

フレデリックからドラマーkaz.が脱退、大阪での生活を選ぶ

フレデリックからメンバーのkaz.(Dr)が脱退することがわかった。

脱退理由についてkaz.は、「2015年に入り上京の話が出た時に、フレデリック、自分の家族、夢、現実に向き合いじっくり考えましたが、自分は大阪での生活を選び、自分が抜けることをメンバー、マネージャーに伝えました」とコメント。さらに「何度も話し合いました。いっぱい泣いて、時間もかけて。フレデリックが嫌いになったわけではなく、フレデリックが大好きだからこそ、自分だけでなくフレデリックにとっても最良の決断をしたつもりです」と脱退に至った経緯を明かしている。また、各メンバーによるコメントもあわせて発表されている。

現体制でのラストライブは、9月23日に大阪・大阪城音楽堂で開催される『KANSAI LOVERS 2015』。同公演以降はサポートメンバーを迎えた編成でライブを行う。

フレデリックは、双子の兄弟である三原健司(Vo,Gt)と三原康司(Ba,Cho)を中心に結成された兵庫・神戸出身のロックバンド。昨年9月にメジャーデビューミニアルバム『oddloop』、今年5月にミニアルバム『OWARASE NIGHT』をリリースしており、11月からは初の全国ワンマンツアー『フレデリズムツアー2015』が開催される。

kaz.(Dr / フレデリック)のコメント

いつもありがとうございます。
ファンの皆様、関係者の皆様、突然のご報告で申し訳ありません。
この度、Dr.『kaz.』は9/23大阪城野外音楽堂のステージを最後にフレデリックを脱退いたします。
フレデリックをはじめた当初から、楽しい時も苦しい時も、いつでも家族のように4人で切磋琢磨してきました。2015年に入り上京の話が出た時に、フレデリック、自分の家族、夢、現実に向き合いじっくり考えましたが、自分は大阪での生活を選び、自分が抜けることをメンバー、マネージャーに伝えました。何度も話し合いました。いっぱい泣いて、時間もかけて。フレデリックが嫌いになったわけではなく、フレデリックが大好きだからこそ、自分だけでなくフレデリックにとっても最良の決断をしたつもりです。
過去は誰にも変えられない様に、今までに4人で(フレデリックで)演ってきたライブ、作品は今後も色褪せることはありません。いつも支えて下さったファンの皆様、関係者の皆様には、言葉にできない程のパワーをいただきました。心から感謝しています。どうかこの決断をプラスに考えていただけると幸いです。メンバーはもちろん、自分も大阪で新しい夢に向かって前に前に進んでいます。
どんな夜にも夜明けが訪れ、いつの日にもギラギラした明日がやってきます。
フレデリックはいつでも、最新のライブが最高のライブを目標に頑張ってきました。作品ももちろんそうです。
その気持ちはこれからもずっと変わりません。自分も新しいフレデリックが楽しみでなりません。
どうかこれからも、大好きなフレデリックをずっとずっとよろしくお願いします。
6年間本当にありがとうございました。

三原健司(Vo,Gt / フレデリック)のコメント

『家族のようなバンドを組みたい』
そういう気持ちをもって6年間やってきたkaz.とのフレデリック。年上のkaz.はいつも俺ら3人の事を後ろからしっかり支えてくれて、時には叱ってくれたり、皆で感動を分かち合ったり、家族でいえばお父さんのような存在でした。そんな彼が一人の人生として、一人の男としての決意を話してくれ、背中を押されて俺達も東京に行く決心がつきました。
kaz.とのフレデリックはここで終わりです。でもね、kaz.と作ってきた6年間は絶対に終わらせません。
俺たちはいつでも終わりから始まる事を歌ってきました。
そしてこれからも、フレデリックの未来の為、kaz.の未来の為、今見てくれてるあなたの為に歌っていきます。
かずさん、俺らは絶対に夢を叶えるよ。見ててくれよ。

三原康司(Ba,Cho / フレデリック)のコメント

いつも応援してくれてる皆さん突然の報告で申し訳有りません。
僕はKaz.とは一番話したし一番喧嘩もしました。その中から生まれた数え切れない想いの中で出来た音楽は作曲者の自分として一生の宝物です。この宝物はより大きな宝物にしなきゃいけない自分たちだけじゃなくいつも応援してくれるみんなと作ってきたこの音楽であって、これからまた新しく羽ばたいてく音楽をもっともっと大きな宝物にしなきゃいけないと思っています。
まだまだやるべき事があるし伝えたい事がたくさんあり僕の中からは自然と言葉も音楽も止まらず溢れ続けています。
僕たちを笑顔で送り出してくれたKaz.の気持ちを力にして最高の音楽と誰もが愛するフレデリックだって思えるようなあなたの自慢のバンドになるためにもこれからも前に進んでいきます!これからのフレデリックに期待していてください

赤頭隆児(Gt / フレデリック)のコメント

結成からずっと4人でやってきたメンバーが1人減るのはやっぱり寂しいですが、かずさんのコメントにもあるように、たくさん話し合って決めた事なのでプラスにとらえてもらえたら嬉しいです。昔からずっと謙虚で礼儀正しいかずさんから、世間知らずの僕たちは学んだ事がたくさんあります。それを絶対忘れずにこれからも進み続けます。
これからも応援よろしくお願い致します!

イベント情報

フレデリック
『フレデリズムツアー2015』

2015年11月5日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:兵庫県 神戸 太陽と虎 

2015年11月14日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:北海道 札幌 COLONY

2015年11月22日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:宮城県 仙台 enn 2nd

2015年11月23日(月・祝)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:新潟県 CLUB RIVERST

2015年11月28日(土)OPEN 17:00 / START 18:30
会場:愛知県 名古屋 Electric Lady Land

2015年12月5日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:福岡県 DRUM Be-1

2015年12月12日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:香川県 高松 DIME

2015年12月13日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:広島県 CAVE-BE

2015年12月20日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:大阪府 BIGCAT

2015年12月22日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

料金:各公演 3,200円(ドリンク別)

フレデリック(一番左がKaz.)
フレデリック(一番左がKaz.)
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催