ニュース

中条あやみが野村周平らの「女神」に、『ライチ☆光クラブ』新映像

2016年に正月第2弾映画として公開される『ライチ☆光クラブ』の追加キャストが発表された。

出演が明らかになったのは、廃工場の秘密基地「光クラブ」に集う少年たちの「女神」として囚われるヒロイン・カノン役の中条あやみ。9人の少年たちによる愛憎や裏切りの物語を動かす重要な役どころなる。中条は12月に富士山の麓にある廃工場で行われた撮影で、クレーンに吊るされ、水に沈められるといった過酷なシーンにも挑んだという。

原作者の古屋兎丸は中条について「『なんて綺麗な子なの...』という雷蔵の台詞を裏切らない絶対的美少女です」とコメント。内藤瑛亮監督は「カノンをいま演じられるのは彼女しかいなかった」と太鼓判を押している。

あわせて新たな特報映像が公開。映像では、タミヤ役の野村周平がダフ役の柾木玲弥に「釘ガン」を向けるシーンや、制服姿の中条あやみが椅子に座らされている様子、光クラブを独裁的に支配するゼラ役の古川雄輝、ゼラに服従する美少年・ジャイボ役の間宮祥太朗らの姿が映し出されている。さらに「あいつが完成したら、僕たちは無敵だ」というセリフも確認できる。

『ライチ☆光クラブ』は、劇団「東京グランギニョル」による舞台『ライチ光クラブ』をもとにした古屋兎丸の同名漫画が原作。黒煙に覆われた町・螢光町の廃工場にある光クラブを舞台に、大人のいない世界を作ろうとする美少年たちの愛憎劇や、彼らが作り上げた思考する能力を持つ機械「ライチ」と少女・カノンの恋が描かれる。なお原作の舞台版『残酷歌劇「ライチ☆光クラブ」』が、12月に東京・原宿のAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演される。

中条あやみのコメント

昨年の12月末に、実際の廃工場で撮影をしていたのですが、とてつもなく寒くて、皆で限られたストーブを囲んで暖をとっていました。撮影中は音が入ってしまうので、ストーブをつけることが出来ず、薄暗く、暖も行き届かない工場の中は、監獄のようでした。(笑)原作を読ませて頂いた時、不思議な魅力を放つ“カノン”というキャラクターに共感できる部分もあり、また憧れも感じて、この役を演じたいと強く思いました。実際に現場で演じてみて、この作品の中で“カノン”がとても重要な役だと改めて認識し、不安になりましたが、内藤監督は、いつも優しく丁寧に指導してくださったので、キャラクターの内面を考えながら演じる事ができました。男の子たちのキャラクターも一人一人個性があり、奇抜でとてもカッコいい世界観をもつ映画に仕上がっていると思います。このチームでこの『ライチ☆光クラブ』のカノンを演じさせて頂いたことに感謝しています。

古屋兎丸のコメント

「なんて綺麗な子なの...」という雷蔵の台詞を裏切らない絶対的美少女です。彼女は美しいだけではなく芯が強くあどけない純粋なカノンを演じ切ってくれました。

内藤瑛亮監督のコメント

この映画で、少年たちから「偶像」であることを強いられる美の象徴“カノン”というキャラクターを、意志の強い生身の少女として描くことが僕のテーマでした。中条さんは、その二つの要素(美しさと意志の強さ)を併せもっていて、カノンをいま演じられるのは彼女しかいなかった。極寒の季節に富士山の麓の廃工場に籠もって、期間中毎日、長時間行われた撮影は、体力的にも過酷な撮影でしたが、一切弱音をはかないタフさに感心しました。

作品情報

『ライチ☆光クラブ』

2016年正月第2弾として新宿バルト9ほか全国公開
監督:内藤瑛亮
脚本:冨永圭祐、内藤瑛亮
原作:古屋兎丸『ライチ☆光クラブ』(太田出版)
出演:
野村周平
古川雄輝
中条あやみ
間宮祥太朗
池田純矢
松田凌
戸塚純貴
柾木玲弥
藤原季節
岡山天音
配給:日活

イベント情報

『残酷歌劇「ライチ☆光クラブ」』

2015年12月18日(金)~12月27日(日)
会場:東京都 原宿 AiiA 2.5 Theater Tokyo
演出:河原雅彦
パフォーマンス演出:牧宗孝(東京ゲゲゲイ)
脚本:丸尾丸一郎
原作:古屋兎丸『ライチ☆光クラブ』(太田出版)
出演:
中村倫也
玉置玲央
吉川純広
尾上寛之
池岡亮介
赤澤燈
味方良介
加藤諒
BOW(東京ゲゲゲイ)
MARIE(東京ゲゲゲイ)
MIKU(東京ゲゲゲイ)
YUYU(東京ゲゲゲイ)
KUMI(KUCHIBILL)
皇希
七木奏音
料金:7,800円

左からカノン役の中条あやみ、カノン原作ビジュアル ©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
左からカノン役の中条あやみ、カノン原作ビジュアル ©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
『ライチ☆光クラブ』キャストと原作ビジュアル  ©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
『ライチ☆光クラブ』キャストと原作ビジュアル ©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
『ライチ☆光クラブ』チラシビジュアル ©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
『ライチ☆光クラブ』チラシビジュアル ©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年