ニュース

マイラバ20周年祝う新作『re:evergreen』、1stの新解釈含む2枚組

My Little Loverのニューアルバム『re:evergreen』が、11月25日にリリースされる。

1995年のデビューから20周年を迎えることを記念してリリースされる同作。構想に3年を費やし、小林武史の全面プロデュースによって全て生演奏でレコーディングされた約6年ぶりのオリジナルアルバム『re:evergreen』と、1995年に発表された1stアルバム『evergreen』を現代の解釈で再構築した『evergreen+』をコンパイルした2枚組アルバムとなる。

小林は各作品ついて「“+”に関しては、20年前の演奏を振り返りつつ、再びセッションする、じゃないけど、そうしてベストを尽くすことで20年の時をリンクさせることが出来たと思っています。そして新作の“re”は、まさにこの言葉の通り“返信”。音楽への愛情を持って新たにアルバムを作るという作業を通じての“返信”ですね」とコメント。

akko(My Little Lover)は「『evergreen+』に関しては、スタジオで新たな息吹を加えている作業を見ているうちに、今の自分が歌ったらどうなるだろう?という興味がわいたので、試しに小林さんに相談してみましたが、あっさり却下されました(笑)。ただ小林さんから新作の構想を聞かされ、“むしろ当時のままのほうがいいんだ”と納得しました。新曲たちの制作に関しては、『evergreen』自体が肯定的なアルバムだったので、“あまり変化球的な要素は要らないのでは?”など、色々と相談しつつ、詰めていきました」と語っている。

なおMy Little Loverにとって2011年の『ひこうき雲』以来となるシングル『ターミナル』が、10月28日に配信リリースされる。タイトル曲は、11月7日から公開される佐藤浩市の主演映画『起終点駅 ターミナル』の主題歌として小林が書き下ろした楽曲だ。My Little Loverが映画主題歌を担当するのは、『起終点駅 ターミナル』と同じく篠原哲雄がメガホンを取った『深呼吸の必要』以来、約11年ぶりとなる。

akko(My Little Lover)のコメント

私は20年かけて学んだ多くの想いを、20年目に出会ったこのアルバム「re:evergreen」に託しました。
人は諦めない限り、ずっと成長し続ける。そして私はずっとそう在りたいと強く願います。
そんな私の想いがいつか、心の中の永遠の緑を映し出して、少しでも多くの人に届きますように。

小林武史のコメント

僕にとって特別なアルバム「evergreen」と20年ぶりに向き合うことで、音楽人として、ポップミュージックの深い素晴らしさに触れたように思います。
結果として、マイラバの王道とも言えるアルバムが出来上がったと思います。
自分にとっての究極のポップアルバムを作りたかったのですが、結果このアルバム「re:evergreen」ではたせたような気がします。

リリース情報

My Little Lover
『re:evergreen』(2CD)

2015年11月25日(水)発売
価格:3,456円(税込)
TFCC-86537

[DISC1]
『re:evergreen』
1. winter song が聴こえる
2. pastel
3. 星空の軌道
4. 今日が雨降りでも
5. バランス
6. 夏からの手紙
7. 舞台芝居
8. 送る想い
9. ターミナル
10. re:evergreen
[DISC2]
『evergreen+』
1. Magic Time
2. Free
3. 白いカイト
4. めぐり逢う世界
5. Hello, Again ~昔からある場所~
6. My Painting
7. 暮れゆく街で
8. Delicacy
9. Man & Woman
10. evergreen

amazonで購入する

リリース情報

My Little Lover
『ターミナル』

2015年10月28日(水)から配信スタート

作品情報

『起終点駅 ターミナル』

2015年11月7日(土)から全国公開
監督:篠原哲雄
脚本:長谷川康夫
原作:桜木紫乃『起終点駅 ターミナル』(小学館)
主題歌:My Little Lover“ターミナル”
出演:
佐藤浩市
本田翼
中村獅童
和田正人
音尾琢真
泉谷しげる
尾野真千子
配給:東映

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像