ニュース

旅と映画の魅力に迫るロードムービー特集『映画は旅である』で18本

特集上映『映画は旅である ロード・ムーヴィーの世界』が、10月10日から東京・シネマヴェーラ渋谷で開催される。

旅を描いた映画を指す「ロードムービー」がテーマの同特集。1930年代から2000年代の作品を通じて、映画と旅の魅力に迫る。

上映作品は、大富豪の令嬢と失業中の新聞記者の旅を描いた1934年公開の映画『或る夜の出来事』をはじめ、故郷を追われた一家の旅を描くジョン・フォード監督作『怒りの葡萄』、メキシコに向かう旅で殺人鬼を車に乗せてしまう『ヒッチハイカー』、ジャングルを鮮やかな映像で捉えたルイス・ブニュエル監督作『この庭に死す』、さらにロベルト・ロッセリーニ、ジャック・タチ、アキ・カウリスマキ、ホウ・シャオシェン、柳町光男らの監督作など18本。上映スケジュールはシネマヴェーラ渋谷のオフィシャルサイトで確認しよう。

※記事掲載時から上映作品が変更になりました。(2015年10月5日)


イベント情報

『映画は旅である ロード・ムーヴィーの世界』

2015年10月10日(土)~10月30日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『或る夜の出来事』(監督:フランク・キャプラ)
『怒りの葡萄』(監督:ジョン・フォード)
『サリヴァンの旅』(監督:プレストン・スタージェス)
『ヒッチハイカー』(監督:アイダ・ルピノ)
『神の道化師 フランチェスコ』(監督:ロベルト・ロッセリーニ)
『この庭に死す』(監督:ルイス・ブニュエル)
『誓いの休暇』(監督:グレゴーリ・チュフライ)
『ハネムーン・キラーズ』(監督:レナード・カッスル)
『トラフィック』(監督:ジャック・タチ)
『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(監督:アキ・カウリスマキ)
『春にして君を想う』(監督:フリドリック・トール・フリドリクソン)
『コールド・フィーバー』(監督:フレドリック・トール・フリドリクソン)
『旅するパオジャンフー』(監督:柳町光男)
『憂鬱な楽園』(監督:ホウ・シャオシェン)
『父、帰る』(監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ)
『モーターサイクル・ダイアリーズ』(監督:ウォルター・サレス)
『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』(監督:トミー・リー・ジョーンズ)
『イントゥ・ザ・ワイルド』(監督:ショーン・ペン)

『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(監督:アキ・カウリスマキ)©Sputnik Oy
『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(監督:アキ・カウリスマキ)©Sputnik Oy
『或る夜の出来事』(監督:フランク・キャプラ)
『或る夜の出来事』(監督:フランク・キャプラ)
『ヒッチハイカー』(監督:アイダ・ルピノ)
『ヒッチハイカー』(監督:アイダ・ルピノ)
『この庭に死す』(監督:ルイス・ブニュエル)©1956 Les Grands Films Classiques – STUDIOCANAL
『この庭に死す』(監督:ルイス・ブニュエル)©1956 Les Grands Films Classiques – STUDIOCANAL
『イントゥ・ザ・ワイルド』©MMVII by RIVER ROAD ENTERTAIMENT, LLC and PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved.
『イントゥ・ザ・ワイルド』©MMVII by RIVER ROAD ENTERTAIMENT, LLC and PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved.
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット