ニュース

旅と映画の魅力に迫るロードムービー特集『映画は旅である』で18本

特集上映『映画は旅である ロード・ムーヴィーの世界』が、10月10日から東京・シネマヴェーラ渋谷で開催される。

旅を描いた映画を指す「ロードムービー」がテーマの同特集。1930年代から2000年代の作品を通じて、映画と旅の魅力に迫る。

上映作品は、大富豪の令嬢と失業中の新聞記者の旅を描いた1934年公開の映画『或る夜の出来事』をはじめ、故郷を追われた一家の旅を描くジョン・フォード監督作『怒りの葡萄』、メキシコに向かう旅で殺人鬼を車に乗せてしまう『ヒッチハイカー』、ジャングルを鮮やかな映像で捉えたルイス・ブニュエル監督作『この庭に死す』、さらにロベルト・ロッセリーニ、ジャック・タチ、アキ・カウリスマキ、ホウ・シャオシェン、柳町光男らの監督作など18本。上映スケジュールはシネマヴェーラ渋谷のオフィシャルサイトで確認しよう。

※記事掲載時から上映作品が変更になりました。(2015年10月5日)


イベント情報

『映画は旅である ロード・ムーヴィーの世界』

2015年10月10日(土)~10月30日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『或る夜の出来事』(監督:フランク・キャプラ)
『怒りの葡萄』(監督:ジョン・フォード)
『サリヴァンの旅』(監督:プレストン・スタージェス)
『ヒッチハイカー』(監督:アイダ・ルピノ)
『神の道化師 フランチェスコ』(監督:ロベルト・ロッセリーニ)
『この庭に死す』(監督:ルイス・ブニュエル)
『誓いの休暇』(監督:グレゴーリ・チュフライ)
『ハネムーン・キラーズ』(監督:レナード・カッスル)
『トラフィック』(監督:ジャック・タチ)
『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(監督:アキ・カウリスマキ)
『春にして君を想う』(監督:フリドリック・トール・フリドリクソン)
『コールド・フィーバー』(監督:フレドリック・トール・フリドリクソン)
『旅するパオジャンフー』(監督:柳町光男)
『憂鬱な楽園』(監督:ホウ・シャオシェン)
『父、帰る』(監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ)
『モーターサイクル・ダイアリーズ』(監督:ウォルター・サレス)
『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』(監督:トミー・リー・ジョーンズ)
『イントゥ・ザ・ワイルド』(監督:ショーン・ペン)

『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(監督:アキ・カウリスマキ)©Sputnik Oy
『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(監督:アキ・カウリスマキ)©Sputnik Oy
『或る夜の出来事』(監督:フランク・キャプラ)
『或る夜の出来事』(監督:フランク・キャプラ)
『ヒッチハイカー』(監督:アイダ・ルピノ)
『ヒッチハイカー』(監督:アイダ・ルピノ)
『この庭に死す』(監督:ルイス・ブニュエル)©1956 Les Grands Films Classiques – STUDIOCANAL
『この庭に死す』(監督:ルイス・ブニュエル)©1956 Les Grands Films Classiques – STUDIOCANAL
『イントゥ・ザ・ワイルド』©MMVII by RIVER ROAD ENTERTAIMENT, LLC and PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved.
『イントゥ・ザ・ワイルド』©MMVII by RIVER ROAD ENTERTAIMENT, LLC and PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved.
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される