ニュース

「ロマンポルノの王様」の特集上映『小沼勝 わが映画人生』に18本

小沼勝の特集上映『小沼勝 わが映画人生』が、10月31日から東京・シネマヴェーラ渋谷で開催される。

1937年に北海道・小樽で生まれた小沼は、男性向け成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」の主力監督として活動。初監督作『花芯の誘い』を日活ロマンポルノがスタートした1971年に発表し、その後ロマンポルノの製作が終了する1988年まで、40本以上の監督作品を同レーベルを通じて発表している。

上映作品は、谷ナオミを主演に迎えたSM映画『生贄夫人』をはじめ、夢野久作の小説に材をとった『夢野久作の少女地獄』、SMショーを生業とする夫婦を描いた『縄と乳房』などのロマンポルノ作品や、『リング』などで知られる中田秀夫監督が小沼を捉えたドキュメンタリー映画、小沼が初めて手掛けた一般映画『NAGISA なぎさ』など18本となる。

また10月31日には、小沼と『NAGISA』主演女優の松田まどか、映画評論家の上野昂志、11月15日には中田と小沼監督作品『妻たちの性体験 夫の眼の前で、今…』で主演を務めた女優の風祭ゆき、映画評論家の高崎俊夫よるトークイベントがそれぞれ開催される。


イベント情報

『小沼勝 わが映画人生』

2015年10月31日(土)~11月20日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『花芯の誘い』(監督:小沼勝)
『ラブハンター 熱い肌』(監督:小沼勝)
『妻三人 狂乱の夜』(監督:小沼勝)
『昼下りの情事 古都曼陀羅』(監督:小沼勝)
『生贄夫人』(監督:小沼勝)
『濡れた壷』(監督:小沼勝)
『花芯の刺青 熟れた壷』(監督:小沼勝)
『OL官能日記 あァ!私の中で』(監督:小沼勝)
『夢野久作の少女地獄』(監督:小沼勝)
『団鬼六原作「黒い鬼火」より 貴婦人縛り壷』(監督:小沼勝)
『さすらいの恋人 眩暈』(監督:小沼勝)
『山の手夫人 性愛の日々』(監督:小沼勝)
『妻たちの性体験 夫の眼の前で、今…』(監督:小沼勝)
『縄と乳房』(監督:小沼勝)
『NAGISA なぎさ』(監督:小沼勝)
『サディスティック&マゾヒスティック』(監督:中田秀夫)
『偽りの花嫁 わたしの父を奪わないで!』(演出:小沼勝)
『ガラスの家の暴力少女 ためされた愛、母は娘の14年の恨みに勝った?』(監督:小沼勝)

『濡れた壷』
『濡れた壷』
『生贄夫人』
『生贄夫人』
『生贄夫人』
『生贄夫人』
『花芯の刺青』
『花芯の刺青』
『NAGISA なぎさ』
『NAGISA なぎさ』
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場