ティム・バートンの「紙ナプキンアート」を原寸大で収録する作品集

画集『ナプキンアート・オブ・ティム・バートン』が12月4日に刊行される。

映画監督として数多くの作品を手掛けているほか、1993年に絵本『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』、1997年に詩画集『オイスター・ボーイの憂鬱な死』を発表しているティム・バートン。昨年には画集『ティム・バートンの世界』が刊行されたほか、同名の展覧会が昨年から今年にかけて東京と大阪で開催された。

『ナプキンアート・オブ・ティム・バートン』は、映画の撮影や宣伝、美術展などで世界中を訪れるバートンが、旅を通して得た経験やインスピレーション、自身の中に湧き起こるアイデアや感情を紙ナプキンに描いた「ナプキンアート」をまとめたもの。これまでに美術展で展示されたものや初公開作までが紙ナプキンの原寸大で収録される。なお同書の取り扱いは、ヴィレッジヴァンガードの店舗およびオンラインショップ限定となる。

書籍情報

『ナプキンアート・オブ・ティム・バートン』

2015年12月4日(金)発売
アートワーク:ティム・バートン
編集:ホリー・ケンフ、リア・ガロ
価格:3,000円(税込)

  • HOME
  • Book
  • ティム・バートンの「紙ナプキンアート」を原寸大で収録する作品集

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて