ニュース

永作博美が樋口一葉役、井上ひさし作『頭痛肩こり樋口一葉』再演

こまつ座の舞台『頭痛肩こり樋口一葉』が、2016年8月5日から東京・日比谷のシアタークリエで上演される。

1984年に初演された同作は、「女性が活躍する時代のために」という思いから井上ひさしが書き下ろした作品。『たけくらべ』『にごりえ』といった作品で知られる明治の作家・樋口一葉と彼女の前に現れた幽霊・花螢の交流や、明治をたくましく生きる女性たちの姿を描く物語だ。今回は小泉今日子が主演を務めた2013年以来の再演となる。

24歳で逝去する樋口一葉こと樋口夏子を演じるのは永作博美。共演者には、花螢を演じる若村麻由美をはじめ、三田和代、熊谷真実、愛華みれ、深谷美歩が名を連ねている。演出は2013年の公演に引き続き栗山民也が担当。チケットの一般発売は、2016年6月4日からスタートする。

イベント情報

こまつ座
『頭痛肩こり樋口一葉』

2016年8月5日(金)~8月25日(木)全27公演
会場:東京都 日比谷 シアタークリエ
作:井上ひさし
演出:栗山民也
音楽:宇野誠一郎
出演:
永作博美
三田和代
熊谷真実
愛華みれ
深谷美歩
若村麻由美
料金:S席8,600円 A席7,600円

樋口一葉役の永作博美
樋口一葉役の永作博美
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側