ニュース

前野健太、初の全編弾き語りアルバム『今の時代がいちばんいいよ』

前野健太のニューアルバム『今の時代がいちばんいいよ』が、12月7日にリリースされる。

同作は前野にとって初の全編弾き語りによるアルバム。新曲5曲を含む全11曲が新たに録音された。収録曲“野蛮なふりをして”は、2016年2月14日まで東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催中の『東京アートミーティングVI “TOKYO”―見えない都市を見せる』展に松江哲明監督が出品している新作『その昔ここらへんは東京と呼ばれていたらしい』の主題歌に起用されている。

プロデュースは九龍ジョー、マスタリングは中村宗一郎が担当。アートワークは惣田紗希が手掛け、ジャケットには石川直樹が撮り下ろした写真が使用されている。また16ページのブックレットが付属する。

なお同作のリリースを記念した弾き語りライブが12月15日に東京・新宿ゴールデン街劇場で開催。観客は50人限定となり、チケット予約はエランド・プレスの通販サイトで受付中だ。

九龍ジョーのコメント

日本社会の急変を告げる鐘声鳴りやまぬ、2015年。
演劇公演や映像作品への音楽提供、小説執筆など、充実した活動を見せている前野健太ですが、水面下で続けてきた深化した歌への取り組みを、この2015年内に結晶化するべく、キャリア初の全曲弾き語りアルバムとして緊急リリースする運びとなりました。
もし100年後の人たちが、私たちや、この何げない毎日に思いをめぐらせることがあるとしたら、その想念はここに収められた曲のようなカタチをしているのかもしれません。

リリース情報

前野健太
『今の時代がいちばんいいよ』(CD)

2015年12月7日(月)発売
価格:1,814円(税込)

1. だれかの
2. 今の時代がいちばんいいよ
3. SHINJUKU AVENUE
4. このからだ
5. 100年後
6. 新幹線の速さで毎日は
7. 私の怒りとは
8. 東京の空
9. コーヒーブルース
10. 野蛮なふりをして
11. 吾郎
※16ページのブックレット付属

イベント情報

『今の時代がいちばんいいよ』リリース記念
『前野健太<完全生音>弾き語りライブ』

2015年12月15日(火)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 新宿ゴールデン街劇場
出演:前野健太
定員:50名
料金:前売2,300円 当日2,800円

前野健太『今の時代がいちばんいいよ』ジャケット
前野健太『今の時代がいちばんいいよ』ジャケット
前野健太
前野健太
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像