新木優子がネガティブ女子に、仙台舞台の映画『風のたより』

映画『風のたより』が、12月19日から宮城・フォーラム仙台で公開される。

仙台が舞台の同作は、ネガティブな女性くるみが、祖父・健から「お店の開業準備をやってくれないか」と依頼され、途方に暮れながらも自分にしかできないことを見つけていくというストーリー。

東京でカフェを開く予定だったが、急遽断念したくるみを演じるのは新木優子。共演者には、震災後に閉店していた店の再建を前に倒れてしまった健役の大杉漣をはじめ、佐生雪、平田薫、栁俊太郎、加藤雅也らが名を連ねている。

監督を務めるのは向井宗敏。脚本は映画『忘れないと誓ったぼくがいた』などを手掛けたおかざきさとこ、主題歌はハジ→が担当している。12月12日にはフォーラム仙台で先行上映が開催。同イベントには、新木と向井が登壇予定だ。


作品情報

『風のたより』

2015年12月19日(土)からフォーラム仙台で公開
監督:向井宗敏
脚本:おかざきさとこ
主題歌:ハジ→“風のたより”
出演:
新木優子
佐生雪
平田薫
栁俊太郎
井田國彦
秋本祐希
加藤雅也
大杉漣
配給:プロジェクト ドーン

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 新木優子がネガティブ女子に、仙台舞台の映画『風のたより』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて