ニュース

信長&将門VS顕如を描く舞台『Honganji』に超新星&MY NAMEメンバー

左からキム・グァンス(超新星)、セヨン(MYNAME)
左からキム・グァンス(超新星)、セヨン(MYNAME)

2016年1月20日から大阪・新歌舞伎座、1月29日から愛知・中日劇場、2月17日に東京・EX THEATER ROPPONGIで上演される舞台『Honganji』の追加キャストが発表された。

ウォーリー木下が演出を手掛ける同作は、戦国時代が舞台。破壊を繰り返す織田信長と、信長と契りを交わした怨霊・平将門、信長が最も恐れたといわれる石山本願寺の僧・顕如を中心に、将軍・足利義昭や武田信玄、鉄砲傭兵集団・雑賀衆らの生き様を描く。信長役の陣内孝則、平将門役の市川九團次、顕如役の水夏希をはじめ、諸星和己、佐野和真らがキャストに名を連ねている。

今回出演が明らかになったのは、本願寺の家臣・下間仲世役をダブルキャストで演じるキム・グァンス(超新星)とセヨン(MY NAME)。セヨンは同作で舞台初出演を果たす。なおチケットの一般発売が11月28日にスタートする。

キム・グァンス(超新星)のコメント

今回、ここ日本の舞台に出演させて頂く事になりました。昔から日本の舞台に出演することが夢でした。日本のドラマ出演に続き、もう一つの大きな夢が叶えられて本当に嬉しいです。しかも!歴史物に出演させて頂くので今からスゴク楽しみにしています。セリフも殺陣も踊りもあると聞き、もう既に緊張していますが、初心に戻ったつもりでがんばります。
素晴らしい役者の方々、スタッフの方々と共に最高の作品を作り上げられればと思います。
皆さんぜひ劇場にお越しください!最後に日本のファンのミルキー!本当にありがとう!

セヨン(MYNAME)のコメント

今回グァンス先輩とダブルキャストで『Honganji』に出演させていただくことになりすごく嬉しいです。初舞台が時代劇ということで緊張もありますが、セヨンらしい下間仲世が演じられるよう全力で頑張ります。
日本のファンの皆さんに演技するセヨンを直接見てもらうのは初めてだから僕も楽しみにしています。
皆さん是非劇場に観に来てください!

イベント情報

スターシアタープロデュース
『Honganji』

脚本:斎藤栄作
演出:ウォーリー木下
出演:
陣内孝則
市川九團次
水夏希
諸星和己
ほか

大阪公演
2016年1月20日(水)~1月24日(日)全8公演
会場:大阪府 新歌舞伎座

名古屋公演
2016年1月29日(金)~1月31日(日)全6公演
会場:愛知県 中日劇場

東京公演
2016年2月17日(水))~2月27日(土)全16公演
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI

料金:各公演 S席13,000円 A席10,000円

『Honganji』メインビジュアル
『Honganji』メインビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)