ニュース

ビル・マーレイ出演作を夜通し上映、ジャームッシュ監督作など4作品

『ロスト・イン・トランスレーション』(監督:ソフィア・コッポラ)
『ロスト・イン・トランスレーション』(監督:ソフィア・コッポラ)

特集上映『検証 ビル・マーレイ 自然体のおじさんが魅力的な理由』が、12月5日に東京・池袋の新文芸坐で開催される。

ビル・マーレイは、1950年に生まれたアメリカ出身の俳優・コメディアン。映画『ゴースト・バスターズ』をはじめ、『グランド・ブダペスト・ホテル』『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』などのウェス・アンダーソン監督作や、ティム・バートン監督の『エド・ウッド』など様々な作品に出演している。

同イベントでは、ビル・マーレイの出演作品をオールナイトで上映。上映作品は、東京を舞台にハリウッドスターと孤独なアメリカ人女性の出会いと別れを描いたソフィア・コッポラ監督作『ロスト・イン・トランスレーション』、『第58回カンヌ国際映画祭』審査員特別グランプリに輝いたジム・ジャームッシュ監督作『ブロークン・フラワーズ』、同じくジャームッシュ監督のオムニバス映画『コーヒー&シガレッツ』、マーレイが本人役で出演したゾンビ映画『ゾンビランド』の4作品となる。

イベント情報

『検証 ビル・マーレイ 自然体のおじさんが魅力的な理由』

2015年12月5日(土)22:30~5:35(予定)
会場:東京都 池袋 新文芸坐
上映作品:
『ロスト・イン・トランスレーション』(監督:ソフィア・コッポラ)
『ブロークン・フラワーズ』(監督:ジム・ジャームッシュ)
『コーヒー&シガレッツ』(監督:ジム・ジャームッシュ)
『ゾンビランド』(監督:ルーベン・フライシャー)
料金:一般2,300円 友の会・前売2,100円

『ロスト・イン・トランスレーション』(監督:ソフィア・コッポラ)
『ロスト・イン・トランスレーション』(監督:ソフィア・コッポラ)
『ブロークン・フラワーズ』(監督:ジム・ジャームッシュ) ©2004 Dead Flowers,Inc.
『ブロークン・フラワーズ』(監督:ジム・ジャームッシュ) ©2004 Dead Flowers,Inc.
『ブロークン・フラワーズ』(監督:ジム・ジャームッシュ) ©2004 Dead Flowers,Inc.
『ブロークン・フラワーズ』(監督:ジム・ジャームッシュ) ©2004 Dead Flowers,Inc.
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像