ニュース

「ブラジルが愛した建築家」リナ・ボ・バルディ展、妹島和世が監修

SESCポンペイア、日光浴をする人々(撮影:Romulo Fialdini)
SESCポンペイア、日光浴をする人々(撮影:Romulo Fialdini)

『リナ・ボ・バルディ展 ブラジルが最も愛した建築家』が、3月27日まで東京・神宮前のワタリウム美術館で開催されている。

リナ・ボ・バルディは、1914年にローマで生まれたイタリア人建築家。第二次世界大戦直後の1946年に夫とともにブラジルへ渡った後、ブラジル・サンパウロのランドマークとして知られるサンパウロ美術館やブラジルの文化遺産に選定されたSESCポンペイアなどを手掛け、1992年に逝去した。

同展は、日本初となるバルディの大規模展覧会。バルディによる最初の作品であり、バルディ夫妻の自邸である「ガラスの家」や、サンパウロ美術館、SESCポンペイアなどの代表作をドローイング、写真、映像、新作模型で紹介する。また、妹島和世(SANAA)の監修、周防貴之のデザインによってバルディが手掛けた空間の一部が再現される。

イベント情報

『リナ・ボ・バルディ展 ブラジルが最も愛した建築家』

2015年12月4日(金)~2016年3月27日(日)
会場:東京都 神宮前 ワタリウム美術館
時間:11:00~19:00(水曜は21:00まで)
休館日:月曜(12月7日、12月14日、12月21日、12月28日、1月11日、3月21日は開館)12月30日~1月4日
料金:
大人1,000円 学生(25歳以下)800円 小・中学生500円 70歳以上700円
ペア券 大人1,600円 学生1,200円

サンパウロ美術館(撮影:Nelson Kon)
サンパウロ美術館(撮影:Nelson Kon)
ガラスの家、ピロティから2階への階段に立つリナ。(撮影:1951年 Francisco Albuquerque)
ガラスの家、ピロティから2階への階段に立つリナ。(撮影:1951年 Francisco Albuquerque)
自邸、ガラスの家(撮影:Markus Lanz)
自邸、ガラスの家(撮影:Markus Lanz)
SESCポンペイア内のバー
SESCポンペイア内のバー
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る