豊川悦司×鈴木京香、詩人の禁断の恋描く『荒地の恋』キャラ写真

豊川悦司主演のドラマ『連続ドラマW 荒地の恋』のキャラクタービジュアルが公開された。

1月9日からWOWOWで放送される同作は、「荒地派」の詩人・北村太郎をモチーフにしたねじめ正一の同名小説が原作。1970年代後半から80年代を舞台に、新聞社の校閲部に勤務しながら細々と詩作を続ける53歳の北沢が、親友である三田村貴一の妻・明子と恋に落ち、家族や仕事を捨てて明子との人生を歩み始めるというあらすじだ。

キャラクタービジュアルでは、明子と暮らす中で詩人としての情熱や「言葉」を取り戻していく北沢を演じる豊川をはじめ、家族を置いて家を出る明子役の鈴木京香、北沢と共に詩の雑誌『荒地』を創刊する詩人・三田村貴一役の松重豊、有川信夫役の田口トモロヲ、北沢の妻・治子役の富田靖子、娘の優有子役を演じる川島海荷らの姿が確認できる。

作品情報

『連続ドラマW 荒地の恋』

2016年1月9日(土)から毎週土曜22:00~WOWOWプライムで放送
原作:ねじめ正一『荒地の恋』(文春文庫)
監督:渡邊孝好
脚本:黒沢久子、渡邊孝好
音楽:大島ミチル
出演:
豊川悦司
鈴木京香
田口トモロヲ
富田靖子
川島海荷
村川絵梨
松重豊
ほか

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 豊川悦司×鈴木京香、詩人の禁断の恋描く『荒地の恋』キャラ写真

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて