「ポスト・インターネット」世代のオリバー・ラリック日本初個展

オリバー・ラリックの個展『TF』が、12月18日から東京・元麻布のKaikai Kiki Galleryで開催される。

オリバー・ラリックは、1981年に生まれたオーストリア出身のアーティスト。現在はドイツ・ベルリンに生活と制作の拠点を置いて活動し、立体や映像に加え、3Dプリンタを用いた作品、インターネットをベースにしたプロジェクトなど、多様な形式の作品を世界各地で発表している。

ラリックにとって日本初の個展となる同展では、変形する肉体を描写したアニメーションシーケンスを既存の映画から抽出し、トレースして制作された映像作品をはじめ、現在進行形で取り組んでいる公共機関にアーカイブされた立体の3Dスキャンモデルを制作するシリーズから、1547年にフランス・聖ステファノ教会の葬儀像として制作されたオランジュ公の骸骨を表現した彫刻を、石膏で複製してスキャンした作品が展示される。

イベント情報

オリバー・ラリック個展
『TF』

2015年12月18日(金)~2016年1月23日(土)
会場:東京都 元麻布 Kaikai Kiki Gallery
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日(年末年始の閉廊日はオフィシャルサイトを参照)
料金:無料

レセプション
2015年12月18日(金)18:00~20:00
会場:東京都 元麻布 Kaikai Kiki Gallery

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 「ポスト・インターネット」世代のオリバー・ラリック日本初個展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて