妖精×人間の子どもたちが冒険、神話もとにした長編アニメ映画

アニメーション映画『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』が2016年夏に東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開される。

北アイルランド出身のトム・ムーア監督による同作は、アイルランドに伝わる神話をもとにしたアニメーション作品。海ではアザラシの姿をとり、陸では人間の女性の姿になる妖精の母親と、人間の父親の間に生まれた子どもたちの冒険が描かれる。

ムーア監督は2010年に長編映画デビュー作『ブレンダンとケルズの秘密』で『アカデミー賞』長編アニメ部門にノミネート。2作目の監督映画となる『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』でも同賞にノミネートしたほか、『東京アニメアワードフェスティバル2015』コンペティション部門でグランプリに輝いた。

作品情報

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

2016年夏にYEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開
監督:トム・ムーア
脚本:ウィル・コリンズ
音楽:ブリュノ・クレ、Kíla
声の出演:
デヴィッド・ロウル
ブレンダン・グリーソン
リサ・ハニガン
ルーシー・オコンネル
配給:チャイルド・フィルム、ミラクルヴォイス

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 妖精×人間の子どもたちが冒険、神話もとにした長編アニメ映画

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて