ニュース

中川翔子が初舞台、韓国発心理スリラー『ブラック メリーポピンズ』再演

ミュージカル『ブラック メリーポピンズ』が、5月から6月にかけて東京・世田谷パブリックシアターで上演される。

『ブラック メリーポピンズ』は、ソ・ユンミが脚本、音楽、演出を手掛け、2012年に韓国で初演された作品。日本では2014年に続く、再演となる。1920年代のドイツを舞台に、著名な心理学者・シュワルツ博士の豪邸で起きた火事で生き延びた4人の養子と、彼らを助け出した養育係・メリーの封印された過去が明かされていく様を描く心理スリラーだ。

今回ヒロインのアンナ役を演じるのは、同作で舞台初出演を果たす中川翔子。共演者には初演時と同じキャストが名を連ね、ハンス役を小西遼生、ヨナス役を良知真次、ヘルマン役を上山竜治、物語の鍵を握る養育係メリー役を一路真輝が演じる。演出も初演に引き続き、鈴木裕美が続投する。

初舞台に挑む中川は、「自分が舞台に出るなんて想像もしていなかったので、舞台初挑戦という事で、決まった瞬間から緊張しています(笑)でも作品を見て『面白い!』と思ったと同時に、『アンナ』という女性に共感できる部分もあって、今は緊張しつつも自分でもどんな舞台になるのか楽しみにしています!」「様々な先輩方を目指し学び、経験値を重ねて初めての世界に飛び込みたいと思います」と意気込みを語っている。

演出家の鈴木裕美は「基本的に再演は好きです。より遠くに旅ができるから。俳優も一部変わりますし、初演のことは一回忘れて、新たに新しいチームで愉快な冒険の旅に出られたらと思います。物語は決して愉快じゃないですが…」とコメントしている。

同公演は東京公演に加えて、兵庫、福岡、名古屋でも上演。東京公演のチケットは3月に発売される予定だ。

イベント情報

ミュージカル『ブラック メリーポピンズ』

脚本・作詞・音楽:ソ・ユンミ
演出:鈴木裕美
上演台本:田村孝裕
訳詞:高橋亜子
出演:
中川翔子
小西遼生
良知真次
上山竜治
一路真輝

東京公演
2016年5月~6月
会場:東京都 三軒茶屋 世田谷パブリックシアター

中川翔子
中川翔子
小西遼生
小西遼生
良知真次
良知真次
上山竜治
上山竜治
一路真輝
一路真輝
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで