ニュース

デヴィッド・ボウイ回顧展『David Bowie is』、2017年春に日本上陸

デヴィッド・ボウイの回顧展『David Bowie is』が、2017年春に日本で開催されることがわかった。

『David Bowie is』は、2013年にイギリス・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で開催され、20万人以上の鑑賞客を動員した展覧会。ボウイによる音楽やファッション、デザイン、演劇、アート、映像などの世界観を表現し、約300点以上の品々が展示された。これまにで世界の各都市で巡回展が行なわれているほか、同展のカタログやドキュメンタリー映画が日本でも紹介されている。

日本巡回展の会場や展示内容などの詳細は後日発表予定。なおボウイのニューアルバム『★(Blackstar)』の日本盤が本日1月8日にリリースされた。

リリース情報

デヴィッド・ボウイ
『★(Blackstar)』日本盤(CD)

2016年1月8日(金)発売
価格:2,700円(税込)
SICP-30918

1. ★
2. 'Tis a Pity She Was a Whore
3. Lazarus
4. Sue (Or In a Season of Crime)
5. Girl Loves Me
6. Dollar Days
7. I Can't Give Everything Away
※デジパック仕様、日本盤のみBlu-spec CD2仕様、歌詞・対訳・解説付

amazonで購入する

デヴィッド・ボウイ photo Jimmy King
デヴィッド・ボウイ photo Jimmy King
デヴィッド・ボウイ『★(Blackstar)』ジャケット
デヴィッド・ボウイ『★(Blackstar)』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで