ニュース

デヴィッド・ボウイが69歳で死去、がんで18か月にわたる闘病生活

デヴィッド・ボウイが1月10日に亡くなったことがわかった。

これはボウイのオフィシャルFacebookページで明らかにされたもの。死因はがん。18か月にわたって闘病生活を送っていたという。1月8日に69歳の誕生日を迎えた2日後だった。

1947年にロンドン・ブリクストンで生まれたボウイは、1964年にDavie Jones and the King Bees名義でデビュー。1966年にデヴィッド・ボウイ名義による初シングルをリリースし、1967年に1stアルバム『David Bowie』を発表した。

その後『Space Oddity』『The Man Who Sold The World』『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars』といったアルバムを発表し、グラムロックの旗手として活躍。ナイル・ロジャースをプロデューサーに迎えた1983年のアルバム『Let's Dance』は世界的なヒット作品となった。活動休止期間を挟んで、2013年には約10年ぶりのオリジナルアルバム『The Next Day』を発表。1月8日にはニューアルバム『★(Blackstar)』をリリースしていた。

また俳優として大島渚監督『戦場のメリークリスマス』に出演し、坂本龍一と共演したほか、アート作品の制作や執筆など様々な分野で活動。2013年にはイギリス・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館でボウイの回顧展『David Bowie is』が開催され、2017年には日本での開催も決定している。

デヴィッド・ボウイ 撮影:Jimmy King
デヴィッド・ボウイ 撮影:Jimmy King
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾