ニュース

デヴィッド・ボウイが69歳で死去、がんで18か月にわたる闘病生活

デヴィッド・ボウイが1月10日に亡くなったことがわかった。

これはボウイのオフィシャルFacebookページで明らかにされたもの。死因はがん。18か月にわたって闘病生活を送っていたという。1月8日に69歳の誕生日を迎えた2日後だった。

1947年にロンドン・ブリクストンで生まれたボウイは、1964年にDavie Jones and the King Bees名義でデビュー。1966年にデヴィッド・ボウイ名義による初シングルをリリースし、1967年に1stアルバム『David Bowie』を発表した。

その後『Space Oddity』『The Man Who Sold The World』『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars』といったアルバムを発表し、グラムロックの旗手として活躍。ナイル・ロジャースをプロデューサーに迎えた1983年のアルバム『Let's Dance』は世界的なヒット作品となった。活動休止期間を挟んで、2013年には約10年ぶりのオリジナルアルバム『The Next Day』を発表。1月8日にはニューアルバム『★(Blackstar)』をリリースしていた。

また俳優として大島渚監督『戦場のメリークリスマス』に出演し、坂本龍一と共演したほか、アート作品の制作や執筆など様々な分野で活動。2013年にはイギリス・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館でボウイの回顧展『David Bowie is』が開催され、2017年には日本での開催も決定している。

デヴィッド・ボウイ 撮影:Jimmy King
デヴィッド・ボウイ 撮影:Jimmy King
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. [Alexandros]からドラムの庄村聡泰が「勇退」 局所性ジストニアのため 1

    [Alexandros]からドラムの庄村聡泰が「勇退」 局所性ジストニアのため

  2. 『DEATH NOTE』12年ぶり完全新作読切、小畑健描き下ろし表紙イラスト公開 2

    『DEATH NOTE』12年ぶり完全新作読切、小畑健描き下ろし表紙イラスト公開

  3. 長澤まさみが全てを狂わせる「母」に 映画『MOTHER』初夏公開&超特報 3

    長澤まさみが全てを狂わせる「母」に 映画『MOTHER』初夏公開&超特報

  4. 湯浅政明監督のアニメ『映像研には手を出すな!』第1話~第4話一挙再放送 4

    湯浅政明監督のアニメ『映像研には手を出すな!』第1話~第4話一挙再放送

  5. 地球外生命体がアメリカを「統治」 SF映画『囚われた国家』4月公開 5

    地球外生命体がアメリカを「統治」 SF映画『囚われた国家』4月公開

  6. 『湘南純愛組!』実写ドラマ化、Amazon Prime Videoで配信 監督は内田英治 6

    『湘南純愛組!』実写ドラマ化、Amazon Prime Videoで配信 監督は内田英治

  7. クリープハイプ“愛す”のユニークなMV その効用を考察する 7

    クリープハイプ“愛す”のユニークなMV その効用を考察する

  8. 志村けん×菅田将暉が2人1役 山田洋次監督の映画『キネマの神様』12月公開 8

    志村けん×菅田将暉が2人1役 山田洋次監督の映画『キネマの神様』12月公開

  9. 『死にたい夜にかぎって』に山本舞香、玉城ティナ、安達祐実ら OP曲も発表 9

    『死にたい夜にかぎって』に山本舞香、玉城ティナ、安達祐実ら OP曲も発表

  10. 『SONG LIST』ゲストにGEZANと大森靖子 MCに曽我部恵一、ピエール中野ら 10

    『SONG LIST』ゲストにGEZANと大森靖子 MCに曽我部恵一、ピエール中野ら