ニュース

『芥川賞』は本谷有希子&滝口悠生がW受賞、『直木賞』は青山文平

『第154回芥川龍之介賞』と『第154回直木三十五賞』の選考会が本日1月19日に東京・築地の新喜楽で行われ、『芥川賞』に本谷有希子『異類婚姻譚』、滝口悠生『死んでいない者』、『直木賞』に青山文平『つまをめとらば』が選出された。

4度目のノミネートで『芥川賞』に輝いた本谷有希子は、1979年生まれ石川出身。2000年に劇団、本谷有希子を立ち上げ、2009年には作・演出を手掛けた『幸せ最高ありがとうマジで!』で『第53回岸田國士戯曲賞』を受賞している。小説家としては『ぬるい毒』で『第33回野間文芸新人賞』『自分を好きになる方法』で『第27回三島由紀夫賞』を受賞。昨年10月に『群像11月号』で発表された『異類婚姻譚』は専業主婦を主人公に、他人同士が身内になる「夫婦」という形式への違和感をユーモアを交えて描いた作品だ。

同じく『芥川賞』に輝いた滝口悠生は1982年東京生まれ。2011年に『楽器』でデビューし、昨年『愛と人生』で『第37回野間文芸新人賞』を受賞したほか、昨年には『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』で『芥川賞』の候補に挙がった。11月に『文學界12月号』で発表された『死んでいない者』は、大往生を遂げた男の通夜に集まった親類たちが、死者や不在の人に想いを馳せる様を描いた一晩の物語だ。

『直木賞』を受賞した青山文平は1948年生まれの神奈川出身。経済関係の出版社に18年間勤務した後、1992年からフリーライターとして活動し、同年に「影山雄作」名義で発表した『俺たちの水晶宮』で『第18回中央公論新人賞』を受賞した。2011年に青山文平名義での創作を始め、『白樫の樹の下で』で『第18回松本清張賞』を受賞したほか、2014年には『鬼はもとより』で『直木賞』候補に選出された。昨年発表された『つまをめとらば』は、独り身を貫いていた56歳の男が妻をもらう決断するまでを描いた表題作など6篇を収めた時代小説。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化