ニュース

アピチャッポン新作『光りの墓』、眠り続ける男と王の墓巡る物語

アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の映画『光りの墓』が、3月から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で公開される。

2010年に公開された『ブンミおじさんの森』で『カンヌ国際映画祭』パルムドールを受賞したほか、美術家としても活動するタイ出身のアピチャッポン・ウィーラセタクン。タイ東北部の病院を舞台に、ベッドで眠る「眠り病」にかかった青年の世話を見始めた女性・ジェンが、眠る男たちの魂と交信する能力を持つ若い女性・ケンと知り合い、やがて病院の建つ場所に昔あったという王の墓と眠り病の関係に気がつく、というあらすじだ。

予告編では、眠り病の男が食事中に突然突っ伏すシーンや、ケンが眠っている男と交信している場面が確認できるほか、「私たち2人ももう死んでるわ」と話す女性の様子が、韓国のアーティスト・DJ Soulscapeの“Love is a Song”にのせて映し出されている。

なおシアター・イメージフォーラムでは、2月5日までアピチャッポン・ウィーラセタクンの特集上映『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』を開催中。またアピチャッポンは、福岡、青森、横浜での展覧会やワークショップ、『さいたまトリエンナーレ2016』への参加が予定されているほか、東京・恵比寿の東京都写真美術館での個展も控えている。

作品情報

『光りの墓』

2016年3月からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督・脚本:アピチャッポン・ウィーラセタクン
出演:
ジェンジラー・ポンパット・ワイドナー
バンロップ・ロームノーイ
ジャリンパッタラー・ルアンラム
配給:ムヴィオラ

イベント情報

『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』

2016年1月9日(土)~2月5日(金)
会場:東京都 渋谷 シアター・イメージフォーラム
上映作品:
『真昼の不思議な物体』
『ブリスフリー・ユアーズ』
『トロピカル・マラディ』
『ブンミおじさんの森』
『世紀の光』
アートプログラム(中・短編集)
料金:3回券3,600円 一般1,500円 学生・シニア1,200円 会員1,100円
※『世紀の光』は一般1,800円

『光りの墓』ポスタービジュアル ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』ポスタービジュアル ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い