ニュース

アピチャッポン新作『光りの墓』、眠り続ける男と王の墓巡る物語

アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の映画『光りの墓』が、3月から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で公開される。

2010年に公開された『ブンミおじさんの森』で『カンヌ国際映画祭』パルムドールを受賞したほか、美術家としても活動するタイ出身のアピチャッポン・ウィーラセタクン。タイ東北部の病院を舞台に、ベッドで眠る「眠り病」にかかった青年の世話を見始めた女性・ジェンが、眠る男たちの魂と交信する能力を持つ若い女性・ケンと知り合い、やがて病院の建つ場所に昔あったという王の墓と眠り病の関係に気がつく、というあらすじだ。

予告編では、眠り病の男が食事中に突然突っ伏すシーンや、ケンが眠っている男と交信している場面が確認できるほか、「私たち2人ももう死んでるわ」と話す女性の様子が、韓国のアーティスト・DJ Soulscapeの“Love is a Song”にのせて映し出されている。

なおシアター・イメージフォーラムでは、2月5日までアピチャッポン・ウィーラセタクンの特集上映『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』を開催中。またアピチャッポンは、福岡、青森、横浜での展覧会やワークショップ、『さいたまトリエンナーレ2016』への参加が予定されているほか、東京・恵比寿の東京都写真美術館での個展も控えている。

作品情報

『光りの墓』

2016年3月からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督・脚本:アピチャッポン・ウィーラセタクン
出演:
ジェンジラー・ポンパット・ワイドナー
バンロップ・ロームノーイ
ジャリンパッタラー・ルアンラム
配給:ムヴィオラ

イベント情報

『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』

2016年1月9日(土)~2月5日(金)
会場:東京都 渋谷 シアター・イメージフォーラム
上映作品:
『真昼の不思議な物体』
『ブリスフリー・ユアーズ』
『トロピカル・マラディ』
『ブンミおじさんの森』
『世紀の光』
アートプログラム(中・短編集)
料金:3回券3,600円 一般1,500円 学生・シニア1,200円 会員1,100円
※『世紀の光』は一般1,800円

『光りの墓』ポスタービジュアル ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』ポスタービジュアル ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
『光りの墓』 ©Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業