岡本太郎『みんなのTARO』展、タナカカツキ×奇譚クラブも参加

企画展『みんなのTARO 2016』が、2月5日から東京・表参道のTOBICHI2で開催される。

同展は、岡本太郎の作品を使用した「ほぼ日手帳」の発売を記念する展覧会。渋谷駅に恒久展示されている『明日の神話』の制作時に、岡本が最初に描いたという幅2メートルの木炭デッサンや、初公開となる直筆のメモ、パートナーであった岡本敏子が晩年に使用していたほぼ日手帳などが展示される。

また会場には、タナカカツキがデザイン、奇譚クラブが制作した巨大な「コップのフチの太陽の塔」と記念撮影ができるコーナーをはじめ、タナカが岡本の言葉に絵を添えた巨大パネル、タナカによる漫画『オッス!トン子ちゃん』の主人公・トン子ちゃんを『明日の神話』をテーマにカラーリングした等身大フィギュアも登場。会期中は岡本太郎記念館とTOBICHIを繋ぐスタンプラリーも実施される。

イベント情報

『みんなのTARO 2016』

2016年2月5日(金)~2月21日(日)
会場:東京都 表参道 TOBICHI2

時間:11:00~19:00
休廊日:火曜
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 岡本太郎『みんなのTARO』展、タナカカツキ×奇譚クラブも参加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて