ニュース

舞台『NARUTO』が今夏再演、ナルト松岡広大&サスケ佐藤流司が続投

岸本斉史原作の舞台『ライブ・スペクタクル「NARUTO -ナルト-」』が、今夏に東京・原宿のAiiA 2.5 Theater Tokyo、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで再演される。

昨年3月の東京公演を皮切りに、国内外で上演された同作は、『週刊少年ジャンプ』で1999年から約15年間にわたって連載されていた同名漫画の舞台版。原作コミックスの第1巻から27巻に準拠し、主人公・うずまきナルトの少年期から終末の谷までの物語を、ダンスやアクロバットといった要素を交えながら描く。

ナルト役を演じるのは、初演時と同じく松岡広大。さらに、うちはサスケ役の佐藤流司、脚本と演出を手掛ける児玉明子も続投する。そのほかのキャストやスタッフ、チケットの発売日などは続報を待とう。

松岡広大のコメント

うずまきナルト役を演じさせて頂きます、松岡広大です。こうして、また皆さんの前に同じ役で出演できる事がとても光栄です。役への愛は勿論ですが、作品への愛も更に高めて臨みたいと思います。
人との繋がりや愛情など、深い感情をしっかりと伝えていきます。劇場でお待ちしています!

佐藤流司のコメント

うちはサスケ役を演じさせて頂きます、佐藤流司です。大人気作品である『NARUTO-ナルト-』のうちはサスケ役を1年越しにまた演じることが出来ること、感無量です。そしてナルト役である松岡広大くんともまた一緒なので、また2人で切磋琢磨できることがとても嬉しいです。前回とは比べものにならないほどのクオリティを目指してこの作品に挑み、木ノ葉の里への復讐を誓います。

イベント情報

『ライブ・スペクタクル「NARUTO -ナルト-」』

脚本・演出:児玉明子
原作:岸本斉史『NARUTO -ナルト-』(集英社)
出演:
松岡広大
佐藤流司
ほか

東京公演
2016年夏
会場:東京都 原宿 AiiA 2.5 Theater Tokyo

大阪公演
2016年夏
会場:大阪府 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

『ライブ・スペクタクル「NARUTO -ナルト-」』メインビジュアル ©岸本斉史 スコット/集英社 ©ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2016
『ライブ・スペクタクル「NARUTO -ナルト-」』メインビジュアル ©岸本斉史 スコット/集英社 ©ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2016
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像