トイレで愛の結晶描く、開幕ペナントレース『ROMEO and TOILET』

開幕ペナントレースの公演『ROMEO and TOILET』が、2月25日から東京・三軒茶屋のシアタートラムで上演される。

開幕ペナントレースは、主宰の村井雄が提唱する「パフォーマンスとは破壊力だ!」の理念のもとに2006年に結成された劇団。日本固有の武道を発達させた身体性と、漫画・アニメ・ゲームを代表とする日本独自の文化で育った精神性の融合を意識した、日本人特有の新たな身体表現の確立を目指している。

2009年にアメリカ・ニューヨークのHERE Arts Centerで初演された『ROMEO and TOILET』は、シェイクスピア作『ロミオとジュリエット』を参照しながら、トイレを舞台に据え、孤独な作業の果てに現れる愛の結晶を描いた作品。客席はオールスタンディングとなる。チケットは現在販売中だ。詳細は世田谷パブリックシアターのオフィシャルサイトで確認しよう。

なお同公演は、若い才能の発掘と育成を目的とし、公募によって選ばれた団体にシアタートラムでの上演の機会を提供する事業『シアタートラム ネクスト・ジェネレーション』の一環として上演される。

イベント情報

第4回世田谷区芸術アワード“飛翔”舞台芸術部門受賞記念公演
シアタートラム ネクスト・ジェネレーション vol.8
開幕ペナントレース『ROMEO and TOILET』

2016年2月25日(木)~2月28日(日)全6公演
会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム

出演:
高崎拓郎
G.K.Masayuki
岩☆ロック
ささの翔太
竹尾一真
針金信輔
山森大輔
料金:一般3,000円 高校生以下1,500円 U24チケット1,500円
※オールスタンディング

  • HOME
  • Stage
  • トイレで愛の結晶描く、開幕ペナントレース『ROMEO and TOILET』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて