ニュース

クドカンが「ゆとり世代」が描く連ドラに岡田将生&松坂桃李&柳楽優弥

宮藤官九郎脚本のドラマ『ゆとりですがなにか』が、4月から日本テレビ系で放送される。

同作は、2002年の学習指導要領改正の影響を受けた「ゆとり第一世代」と呼ばれる1987年生まれの男3人を描く作品。「野心がない」「競争意識がない」「協調性がない」などと言われてきた一方で、リーマンショックによる就職氷河期や、入社1年目に起きた東日本大震災などを経験してきた現在29歳の彼らが、仕事や家庭、恋愛、友情などに迷いながらも立ち向かう様が描かれる。

入社7年目の食品メーカー社員で、系列の居酒屋チェーン店に店長として出向を命じられる坂間正和役を演じるのは岡田将生。学校と保護者の板挟みに苦しむ小学校教師・山路一豊役を松坂桃李、名門中学に首席で合格したが大学受験に失敗し、11浪しながら妻と娘と暮らす道上まりぶ役を柳楽優弥が演じる。演出は監督作『謝罪の王様』『なくもんか』で宮藤とタッグを組んだ水田伸生が担当。

番組のオフィシャルサイトで宮藤は、「国が定めた教育方針で図らずも『ゆとり世代』と括られた彼らが、自虐的に『ゆとり』と口にせざるを得ない、そんなゆとりのない現代社会。社会人経験ゼロの私が、45才にして初めて挑む社会派ドラマです」とコメント。また岡田、松坂、柳楽によるコメント映像も公開中だ。

番組情報

『ゆとりですがなにか』

2016年4月から毎週日曜に日本テレビ系で放送

脚本:宮藤官九郎
演出:水田伸生、相沢淳、鈴木勇馬
出演:
岡田将生
松坂桃李
柳楽優弥

岡田将生
岡田将生
宮藤官九郎
宮藤官九郎
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー