『ゴーストバスターズ』27年ぶり新作は女性が主演の3D映画、8月公開

3D映画『ゴーストバスターズ』が、8月19日から日本公開されることがわかった。

1984年に1作目が公開され、1989年に続編が公開された『ゴーストバスターズ』。27年ぶりとなるシリーズ新作では、全員女性のゴーストバスターズがニューヨークで幽霊を退治する様を描く。

キャストには『オデッセイ』のクリステン・ウィグをはじめ、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のメリッサ・マッカーシー、『テッド2』のケイト・マッキノン、コメディエンヌとしても活動するレスリー・ジョーンズに加えて、クリス・ヘムズワースも出演する。ストーリーや登場する幽霊については現時点では明かされていない。メガホンを取ったのは俳優としても活動するポール・フェイグ。

なお今回公開されたポスタービジュアルには、これまでのシリーズでも使用されてきたゴーストのイラストと共に、「この夏バスター開始!」とのキャッチコピーが掲載されている。なお全米公開は7月15日を予定。

作品情報

『ゴーストバスターズ』

2016年8月19日(金)から公開

監督:ポール・フェイグ
出演:
クリステン・ウィグ
メリッサ・マッカーシー
ケイト・マッキノン
レスリー・ジョーンズ
クリス・ヘムズワース
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ゴーストバスターズ』27年ぶり新作は女性が主演の3D映画、8月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて