ニュース

森見登美彦原作の舞台『詭弁・走れメロス』に武田航平、中村優一ら

『青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」』が4月29日から東京・新宿御苑のシアターサンモール、5月14日に京都の京都劇場で上演される。

森見登美彦の短編小説『新釈 走れメロス』をもとにした同公演は、松村武(カムカムミニキーナ)が脚本・演出、小野寺修二がステージングを担当した2013年初演の音楽劇の再演。「詭弁論部」に所属する学生・芽野史郎が、図書館警察の長官によって閉鎖された部室を取り戻すためにある約束を交わすが、1日の猶予を取り付け、親友を人質にして京都中を逃げ回る、というあらすじだ。初演時は、小説の文章を全てモノローグとしてセリフにしたほか、俳優が様々な身体表現を駆使して通行人や乗り物、街並みなどを表現するといった演出方法で注目を集めた。

芽野役を演じるのは初演に引き続き武田航平。2か月間でほぼ全員の男性部員を虜にした元詭弁論部員・須磨さん役の新垣里沙も続投する。芽野の親友で人質となる芹名雄一役には中村優一、図書館警察長官役には市川しんぺーがキャスティングされている。また脚本・演出も初演時と同じく松村が手掛ける。チケットは現在販売中。

イベント情報

『青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」』

脚本・演出:松村武
原作:森見登美彦『新釈 走れメロス他四篇』(祥伝社文庫)
出演:
武田航平
中村優一
新垣里沙
荒谷清水
小手伸也
小林至
高木俊
上田悠介
市川しんぺー

東京公演
2016年4月29日(金・祝)~5月8日(日)全13公演
会場:東京都 新宿御苑 シアターサンモール
料金:6,500円

京都公演
2016年5月14日(土)全2公演
会場:京都府 京都劇場
料金:6,500円

『青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」』チラシビジュアル
『青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」』チラシビジュアル
左上から時計回りに芽野史郎役の武田航平、芹名雄一役の中村優一、図書館警察長官役の市川しんぺー、須磨さん役の新垣里沙
左上から時計回りに芽野史郎役の武田航平、芹名雄一役の中村優一、図書館警察長官役の市川しんぺー、須磨さん役の新垣里沙
自転車にこやか整理軍キャラクタービジュアル
自転車にこやか整理軍キャラクタービジュアル
詭弁論部員キャラクタービジュアル
詭弁論部員キャラクタービジュアル
芽野史郎役の武田航平
芽野史郎役の武田航平
芹名雄一役の中村優一
芹名雄一役の中村優一
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告