ニュース

常盤貴子が池松壮亮に執着する主婦に、東陽一監督『だれかの木琴』

『だれかの木琴』 ©2016 『だれかの木琴』製作委員会
『だれかの木琴』 ©2016 『だれかの木琴』製作委員会

映画『だれかの木琴』が9月から東京・有楽町スバル座、シネマート新宿ほか全国で公開される。

『直木賞』受賞作家・井上荒野の同名小説をもとにした同作。東京の郊外に夫と娘と共に引っ越してきた主婦の小夜子が、初めて行った美容院で美容師の海斗と出会い、やがて海斗に対して常軌を逸したストーカー行為を行なうようになる、というあらすじだ。

海斗からの「営業メール」をきっかけに、海斗に執着し始める小夜子役を演じるのは常盤貴子。小夜子の行動に戸惑いながら対峙する海斗役を池松壮亮が演じる。また小夜子の異変に気がつく夫・光太郎役に勝村政信、海斗の恋人・唯役に佐津川愛美がキャスティングされている。メガホンを取るのは、『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』『わたしのグランパ』『絵の中のぼくの村』などの東陽一。撮影は1月7日に千葉・流山でクランクインし、1月31日にクランクアップした。

常盤は同作への出演にあたり、「あの!東陽一監督の映画に参加させて頂けるなんて。『ザ・レイプ』『もう頬杖はつかない』に憧れ、興奮していた女優を始めた頃の私に教えてあげたいです!」とコメント。池松は「東監督の作品に出演できるなんて、嘘じゃないかと思いました。また1つ大きな夢が叶ってしまった気分でした。でもそうも言ってられないので、平気なふりして現場にいこうと思いました」と喜びを語っている。

東監督は常盤と池松を起用した理由について、「常盤貴子さんは、熟成した演技力の、その深い底の方に、ただ『そこに居る』だけで、女の微妙な心の動きを表現できる人、だと思っていたし、池松壮亮さんは、類型的な若者像でなく、もっと自由で繊細な青年の心情を表現できる、若手のホープであるから」と説明している。

常盤貴子のコメント

東陽一ワールドを楽しみましょう!

池松壮亮のコメント

東陽一監督と、だれかの木琴の脚本に惚れ込みました。どんな映画が出来上がるのか僕自身も楽しみです。乞うご期待ください。

東陽一監督のコメント

女と男の間に揺れ動くエロス感覚を、サスペンスフルに、また大胆に描いた映画です。 じっくりと楽しみながら観てください。

井上荒野のコメント

「だれかの木琴」はストーカーの物語です。「少しずつ」「だんだん」の物語でもあります。
ごく普通の主婦が、ほんの些細なきっかけで、少しずつ、だんだんくるっていく。どこで間違ったのか。どこまで戻ればやり直せるのか。そんなことを考えながら観てくださると嬉しいです。
一方で、原作と映画とは、べつものであるとも考えています。映画でしかできない表現というものがあります。ラストシーンで使う予定だという音楽について聞いたときゾクゾクしました。私の小説が、東陽一監督によってどんなふうに料理され、あらたな容貌を見せるのか。私自身も楽しみにしています。

作品情報

『だれかの木琴』

2016年9月から有楽町スバル座、シネマート新宿ほか全国で公開

監督・脚本:東陽一
原作:井上荒野『だれかの木琴』(幻冬舎文庫)
出演:
常盤貴子
池松壮亮
勝村政信
佐津川愛美
配給:キノフィルムズ

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察