岡本太郎×縄文土器の展覧会『生きる尊厳』、TARO賞受賞者の新作も

『生きる尊厳-岡本太郎の縄文-』展が、3月2日から東京・南青山の岡本太郎記念館で開催される。

同展は、岡本太郎の油彩15点と縄文土器を併せて紹介する企画展。キュレーションは、縄文時代と岡本の研究を並行して行なっている國學院大學博物館学芸員の石井匠が担当し、会期中には石井による特別講座も実施される。なお、同館で縄文土器に注目した展覧会が開催されるのは今回が初となる。

また会場では、『第18回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)』で「岡本太郎賞」に輝いたYotta、「岡本敏子賞」を受賞した久松知子の新作も展示される。展示期間や関連イベントなどの詳細は、岡本太郎記念館のオフィシャルサイトでの続報を待とう。

イベント情報

『生きる尊厳-岡本太郎の縄文-』

2016年3月2日(水)~7月3日(日)
会場:東京都 南青山 岡本太郎記念館

時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:火曜(祝日の場合は開館)
料金:一般620円 小学生310円

  • HOME
  • Art,Design
  • 岡本太郎×縄文土器の展覧会『生きる尊厳』、TARO賞受賞者の新作も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて