ビアズリーから横尾忠則まで、『幻想と頽廃のアンソロジー』展に30組超

『幻想と頽廃のアンソロジー~世紀末から現代まで~』が、3月2日から東京・渋谷のBunkamura Galleryで開催される。

19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパで発生した芸術運動であるデカダンスや、大正から昭和初期の日本での「エロ・グロ・ナンセンス」、1960年代以降に若者を中心に興ったカウンターカルチャーなどの表現に注目する同展。国内外の作家による版画や挿画本、オブジェ、ポスター、書籍などを展示販売する。

出展作家には、イリナ・イオネスコ、フランツ・フォン・バイロス、バルテュス、オーブリー・ビアズリー、ハンス・ベルメール、ギュスターヴ・モロー、赤瀬川原平、荒木経惟、伊藤晴雨、沢渡朔、篠原有司男、竹久夢二、つげ義春、土方巽、横尾忠則、四谷シモンら30組以上が名を連ねている。

イベント情報

『幻想と頽廃のアンソロジー~世紀末から現代まで~』

2016年3月2日(水)~3月9日(水)
会場:東京都 渋谷 Bunkamura Gallery

時間:10:00~19:30
出展予定作家:
イリナ・イオネスコ
フェルナン・クノップフ
エドワード・バーン=ジョーンズ
フランツ・フォン・バイロス
バルテュス
オーブリー・ビアズリー
ロドルフ・ブレダン
パウル・ヴンダーリッヒ
ハンス・ベルメール
ピエール・モリニエ
ギュスターヴ・モロー
フィリップ・モーリッツ
ホルスト・ヤンセン
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ
フェリシアン・ロップス
赤瀬川原平
荒木経惟
池田満寿夫
伊藤晴雨
井上洋介
伊豫田晃一
北川健次
沢渡朔
篠原有司男
城景都
多賀新
竹久夢二
つげ義春
土井典
トーナス・カボチャ・ラダムス
中村宏
成田朱希
土方巽
藤本蒼
山下清澄
山本じん
山本六三
横尾忠則
四谷シモン
ほか
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • ビアズリーから横尾忠則まで、『幻想と頽廃のアンソロジー』展に30組超

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて