ニュース

『手塚治虫文化賞』マンガ大賞最終候補に『孤独のグルメ』など7作

『第20回手塚治虫文化賞』マンガ大賞の最終候補作品が発表された。

1997年に朝日新聞社が創設した『手塚治虫文化賞』。マンガ大賞の対象作品は昨年刊行された単行本となり、今回は8人の社外選考員による投票を経て選出した6作品に加えて、書店員や漫画関係者の推薦で選ばれた作品が最終候補となった。

最終候補作品は、推薦で1位を獲得した高野苺『orange』をはじめ、野田サトル『ゴールデンカムイ』、谷口ジローと久住昌之の『孤独のグルメ』、末次由紀『ちはやふる』、高浜寛『蝶のみちゆき』、一ノ関圭『鼻紙写楽』、あずまきよひこ『よつばと!』。

選考委員は今年から加わった杏をはじめ、あさのあつこ、里中満智子、中条省平、中野晴行、南信長、みなもと太郎、ヤマダトモコの8人。最終選考会の結果は4月下旬に朝日新聞の紙面で発表され、贈呈式は5月29日に東京・有楽町朝日ホールで開催される。当日は同賞の20周年を記念するイベントも行なわれる予定だ。

詳細情報

『第20回手塚治虫文化賞』マンガ大賞最終候補

高野苺『orange』(双葉社)
野田サトル『ゴールデンカムイ』(集英社)
谷口ジロー漫画、久住昌之原作『孤独のグルメ』(扶桑社)
末次由紀『ちはやふる』(講談社)
高浜寛『蝶のみちゆき』(リイド社)
一ノ関圭『鼻紙写楽』(小学館)
あずまきよひこ『よつばと!』(KADOKAWA)

『手塚治虫文化賞』ロゴ
『手塚治虫文化賞』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ミツメ“セダン”

8月1日にリリースするニューシングル”セダン”のMV。今回は須田洋次郎さん監督作のノスタルジックな作品で、前編8mmフィルムで撮影されたホームビデオタッチです。メンバー監督の作品ということもあるのか、旅先の記録をしたような、ゆったりしたメンバーや風景が捉えられています。ミツメのMVは初期のものから最高なので、映像集ほしいです。(川浦)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像