ニュース

藤田貴大&大友良英らと福島の中高生のコラボ演劇

藤田貴大(マームとジプシー)作・演出の舞台『タイムライン』が、3月26日に福島・福島県文化センターで上演される。

同公演は、福島県内の中高生がプロの劇作家や音楽家のサポートを受けながらミュージカルの創作・公演を行なう福島県主催のプロジェクト『チャレンジふくしまパフォーミングアーツプロジェクト』の一環で上演。中高生の表現力や創造力を磨くと共に、「ふくしまの今」を県内外に発信することを目的としている。

参加者の中高生たちは、これまでに藤田貴大や同公演の音楽を担当する大友良英らのアドバイスを受けながら、今回の上演に向けて合同練習やワークショップなどを行なってきた。公演の振付を酒井幸菜、写真・映像を石川直樹が手掛けているほか、監修を平田オリザ、記録映像を高見沢功が手掛けている。

入場予約は現在受付中。申込方法の詳細は『チャレンジふくしまパフォーミングアーツプロジェクト』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

チャレンジふくしまパフォーミングアーツプロジェクト
『タイムライン』

2016年3月26日(土)全2公演
会場:福島県 福島県文化センター 大ホール

作・演出:藤田貴大
音楽:大友良英
振付:酒井幸菜
写真・映像:石川直樹
監修:平田オリザ
記録映像:高見沢功
出演:福島県内の中学生・高校生

『タイムライン』ポスタービジュアル
『タイムライン』ポスタービジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)