「フィクションとしての考古学」に基づく作品群、D・アーシャム個展

ダニエル・アーシャムの個展『My First Show in Japan, Year 2044』が、3月12日から東京・渋谷のNANZUKAで開催される。

ダニエル・アーシャムは、ニューヨークを拠点に活動する1980年生まれのアメリカ人アーティスト。「Fictional Archeology」というコンセプトに基づいた立体作品やペインティング、インスタレーション、パフォーマンスといった多様な作品を、国内外で発表している。また近年は、『Future Relic』という短編映画のシリーズなど、映像作品の制作にも精力的に取り組んでいる。

同展では、「人類の残像」を表した立体作品や、カメラ、ラジカセ、パイロットヘルメットを素材に、未来を考古学的な視点で捉えた立体作品などを紹介。さらに色覚異常を持つアーシャムが、色覚矯正眼鏡を使用して初めて色彩を使って月を描いたという新作のペインティングシリーズも発表する。

また、3月12日にはアーシャムも交えたオープニングレセプションを開催。昨年刊行された作品集『FICTIONAL ARCHEOLOGY』の販売が行なわれる。また今回の個展のために、POGGYTHEMANとのコラボレーションTシャツがUNITED ARROWS & SONSから発売される予定だ。

※記事掲載時から展覧会タイトルが変更になりました。

イベント情報

ダニエル・アーシャム
『My First Show in Japan, Year 2044』

2016年3月12日(土)~4月16日(土)
会場:東京都 渋谷 NANZUKA

時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

オープニングレセプション
2016年3月12日(土)18:00~20:00
会場:東京都 渋谷 NANZUKA

  • HOME
  • Art,Design
  • 「フィクションとしての考古学」に基づく作品群、D・アーシャム個展

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて