ニュース

「フィクションとしての考古学」に基づく作品群、D・アーシャム個展

ダニエル・アーシャムの個展『My First Show in Japan, Year 2044』が、3月12日から東京・渋谷のNANZUKAで開催される。

ダニエル・アーシャムは、ニューヨークを拠点に活動する1980年生まれのアメリカ人アーティスト。「Fictional Archeology」というコンセプトに基づいた立体作品やペインティング、インスタレーション、パフォーマンスといった多様な作品を、国内外で発表している。また近年は、『Future Relic』という短編映画のシリーズなど、映像作品の制作にも精力的に取り組んでいる。

同展では、「人類の残像」を表した立体作品や、カメラ、ラジカセ、パイロットヘルメットを素材に、未来を考古学的な視点で捉えた立体作品などを紹介。さらに色覚異常を持つアーシャムが、色覚矯正眼鏡を使用して初めて色彩を使って月を描いたという新作のペインティングシリーズも発表する。

また、3月12日にはアーシャムも交えたオープニングレセプションを開催。昨年刊行された作品集『FICTIONAL ARCHEOLOGY』の販売が行なわれる。また今回の個展のために、POGGYTHEMANとのコラボレーションTシャツがUNITED ARROWS & SONSから発売される予定だ。

※記事掲載時から展覧会タイトルが変更になりました。

イベント情報

ダニエル・アーシャム
『My First Show in Japan, Year 2044』

2016年3月12日(土)~4月16日(土)
会場:東京都 渋谷 NANZUKA

時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

オープニングレセプション
2016年3月12日(土)18:00~20:00
会場:東京都 渋谷 NANZUKA

ダニエル・アーシャム作品 ©Daniel Arsham Courtesy of NANZUKA
ダニエル・アーシャム作品 ©Daniel Arsham Courtesy of NANZUKA
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図