ニュース

菅直人や枝野幸男らが実名で登場、3.11からの5日間描く映画『太陽の蓋』

『太陽の蓋』 ©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi
『太陽の蓋』 ©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi

映画『太陽の蓋』が7月16日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

同作は、2011年3月11日に発生した東日本大震災からの5日間を実話に基づいて描いたドキュメンタリードラマ。原発事故の真相を追う新聞記者・鍋島を中心に、情報が錯綜する極度の緊張状態の中で繰り広げられた人間ドラマ、首相官邸内部の様子、福島の人々の葛藤などを多角的な視点で捉える。俳優たちが当時の菅内閣の政治家たちを実名役で演じている点も見どころとなる。

鍋島役を同作が映画初主演となる北村有起哉が演じるほか、当時の内閣総理大臣・菅直人役を三田村邦彦、鍋島の妻・麻奈美役を中村ゆり、福島第一原子力発電所内で作業をする青年役を郭智博が演じる。さらに内閣官房長官・枝野幸男役に菅原大吉、内閣副官房長官・福山哲郎役に神尾佑、首相補佐官・寺田学役に青山草太がキャスティングされている。

作品情報

『太陽の蓋』

2016年7月16日(土)から渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

監督:佐藤太
北村有起哉
袴田吉彦
中村ゆり
郭智博
大西信満
神尾佑
青山草太
菅原大吉
三田村邦彦
菅田俊
井之上隆志
宮地雅子
菜葉菜
阿南健治
伊吹剛
配給:太秦

『太陽の蓋』 ©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi
『太陽の蓋』 ©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi
『太陽の蓋』 ©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi
『太陽の蓋』 ©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi
『太陽の蓋』 ©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi
『太陽の蓋』 ©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi
『太陽の蓋』 ©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi
『太陽の蓋』 ©「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)