「デスノートオタク」東出昌大の姿が公開、『デスノート 2016』場面写真

映画『デスノート 2016』から場面写真が公開された。

公開されたのは、東出昌大演じる「デスノート対策本部特別チーム」の捜査官・三島創の劇中写真。三島はデスノートにまつわる事件とルールに精通している「デスノートオタク」とも呼ばれる人物で、三島を含むチームのメンバーは「デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。その人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない」というルールへの防御策として全員が偽名を使っているほか、本名や過去を知られないように、家族のいない人間がメンバーに選抜されているという設定だ。

10月29日から公開される『デスノート 2016』は、デスノートを巡るキラこと夜神月とLの戦いから10年後を舞台にした作品。地上に存在する6冊のデスノートを巡る争奪戦が描かれる。新たなキラ事件に立ち向かう三島役の東出をはじめ、「Lの正統な後継者」と称される世界的探偵・竜崎役の池松壮亮、キラを崇拝する天才サイバーテロリスト・紫苑優輝役の菅田将暉、デスノートで無差別殺人を実行する青井さくら役の川栄李奈、「ミサミサ」こと弥海砂役を演じる戸田恵梨香がキャストに名を連ねている。

作品情報

『デスノート 2016』

2016年10月29日(土)から丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開

監督:佐藤信介
脚本:真野勝成
原作:大場つぐみ、小畑健『デスノート』(集英社)
出演:
東出昌大
池松壮亮
菅田将暉
川栄李奈
戸田恵梨香
配給:ワーナー・ブラザース映画

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「デスノートオタク」東出昌大の姿が公開、『デスノート 2016』場面写真

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて