ニュース

公開延期のクドカン新作『TOO YOUNG TO DIE!』、6月に公開決定

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』 ©2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』 ©2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

宮藤官九郎監督・脚本の映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』が6月25日に公開されることが発表された。

当初は2月6日に公開を予定していた同作。劇中シーンの一部が、1月に長野・軽井沢町で発生したバス転落事故を想起させる可能性があることから公開が延期されていた。

なお同作は3月28日に『第40回香港国際映画祭』の招待作品として公式上映。宮藤監督が舞台挨拶を行なったほか、上映後のQ&Aセッションに登壇した。

Q&Aで地獄を舞台にした映画を制作しようと思ったきっかけについて尋ねられた宮藤は、「長瀬君と一緒にバカみたいなロックの映画をやりたいと思ったのが最初です」「そろそろ人間じゃない役をやって貰ってもいいんじゃないかと思った。地獄の鬼がギターを持って地獄に立っていて、そこに神木君演じる大助が何度も落ちてくるというシーンがまず最初に思い浮かんだ。そこから、地獄と輪廻転生の映画にしようと思いました」と明かしている。

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は、修学旅行中の事故によって地獄に落ちた高校生の大助が、地獄農業高校の軽音楽部顧問でロックバンド「地獄図」を率いる赤鬼・キラーKの特訓を受けて現世への生還を目指す様子を描いた作品。キラーK役を長瀬智也、大助役を神木隆之介が演じるほか、森川葵。尾野真千子、桐谷健太、清野菜名、皆川猿時、古田新太らがキャストに名を連ねている。また主題歌をKYONO(WAGDUG FUTURISTIC UNITY、ex.THE MAD CAPSULE MARKETS)、劇中歌を向井秀徳(ZAZEN BOYS)が作曲している。

作品情報

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』

2016年6月25日(土)から全国公開

監督・脚本:宮藤官九郎
主題歌:地獄図“TOO YOUNG TO DIE!”
出演:
長瀬智也
神木隆之介
尾野真千子
森川葵
桐谷健太
清野菜名
古舘寛治
皆川猿時
シシド・カフカ

古田新太
宮沢りえ
配給:東宝=アスミック・エース

宮藤官九郎監督 『第40回香港国際映画祭』より
宮藤官九郎監督 『第40回香港国際映画祭』より
宮藤官九郎監督 『第40回香港国際映画祭』より
宮藤官九郎監督 『第40回香港国際映画祭』より
宮藤官九郎監督 『第40回香港国際映画祭』より
宮藤官九郎監督 『第40回香港国際映画祭』より
宮藤官九郎監督 『第40回香港国際映画祭』より
宮藤官九郎監督 『第40回香港国際映画祭』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける