小泉今日子が久世光彦のエッセイを朗読、ピアノ浜田真理子とのコラボ公演

朗読と音楽による公演『久世光彦 マイ・ラスト・ソング ~歌謡曲が街を照らした時代~』が、5月6日と9日に東京・日本橋の三越劇場で開催される。

2008年から開催されている『マイ・ラスト・ソング』は、2006年に逝去した演出家の久世光彦による同名の連載エッセイを、小泉今日子の朗読と浜田真理子のピアノ弾き語りによって表現する公演シリーズ。エッセイは1992年から2006年までの14年間にわたって雑誌に連載され、死ぬ間際に聴きたい楽曲とエピソードが綴られた。

今回の公演はテレビと歌謡曲が蜜月にあった時代がテーマ。構成と演出は佐藤剛が手掛けている。チケットは現在販売中だ。

イベント情報

『久世光彦 マイ・ラスト・ソング ~歌謡曲が街を照らした時代~』

2016年5月6日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 日本橋三越本店 本館6階 三越劇場
構成・演出:佐藤剛
出演:
浜田真理子
小泉今日子

2016年5月9日(月)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 日本橋三越本店 本館6階 三越劇場
構成・演出:佐藤剛
出演:
浜田真理子
小泉今日子

料金:各公演 前売7,000円(パンフレット付)

  • HOME
  • Stage
  • 小泉今日子が久世光彦のエッセイを朗読、ピアノ浜田真理子とのコラボ公演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて