棚田康司の個展、ジャワ島で滞在制作した少年少女の木彫シリーズ展示

棚田康司の個展『バンドゥン スケッチ』が、4月6日から東京・市ヶ谷のミヅマアートギャラリーで開催される。

日本古来の木彫の技法である「一木造り」を用いて少年や少女の像を制作する彫刻家の棚田康司。2005年には『第8回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)』の特別賞を受賞した。

同展では、棚田が昨年10月からインドネシア・ジャワ島の都市バンドゥンに滞在した2か月の間に制作した少年や少女のトルソ12体と、帰国後にバンドゥンの記憶をもとに制作した立像1点を展示する。トルソシリーズは、棚田にとって新たな表現の実験の場であると共に、自身の作品におけるスケッチのような存在だという。なお、4月6日にはオープニングレセプションが開催される。

イベント情報

棚田康司展
『バンドゥン スケッチ』

2016年4月6日(水)~5月14日(土)
会場:東京都 市ヶ谷 ミヅマアートギャラリー

時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 棚田康司の個展、ジャワ島で滞在制作した少年少女の木彫シリーズ展示

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて