エリック・ロメール監督が描いた「女たち」に注目、特集企画で8作品上映

エリック・ロメール監督の特集上映『ロメールと女たち』が、5月21日から東京・角川シネマ有楽町で開催される。

ヌーヴェルヴァーグ運動の中心人物であるエリック・ロメールは、高校で文学教師を務めた後、1962年に初監督作品『獅子座』を発表。1983年に『海辺のポーリーヌ』で『第33回ベルリン国際映画祭』監督賞、国際批評家賞を受賞したほか、1986年に『緑の光線』で『第43回ヴェネチア国際映画祭』金獅子賞を受賞している。2010年に89歳で逝去した。

『ロメールと女たち』では、「六つの教訓話」シリーズから『コレクションする女』『モード家の一夜』『クレールの膝』、「喜劇と格言劇」シリーズから『海辺のポーリーヌ』『満月の夜』『緑の光線』『友だちの恋人』、4本の短編から構成されるオムニバス映画『レネットとミラベル/四つの冒険』といった少女や女性を描いた8作品をデジタルリマスター版で上映する。前売りチケットは4月9日から販売スタート。

イベント情報

『ロメールと女たち』

2016年5月21日(土)~6月10日(金)
会場:東京都 角川シネマ有楽町

上映作品:
『コレクションする女』(監督:エリック・ロメール)
『モード家の一夜』(監督:エリック・ロメール)
『クレールの膝』(監督:エリック・ロメール)
『海辺のポーリーヌ』(監督:エリック・ロメール)
『満月の夜』(監督:エリック・ロメール)
『緑の光線』(監督:エリック・ロメール)
『友だちの恋人』(監督:エリック・ロメール)
『レネットとミラベル/四つの冒険』(監督:エリック・ロメール)
料金:1回券1,400円 2回券2,600円 トートバッグ付前売券3,600円

  • HOME
  • Movie,Drama
  • エリック・ロメール監督が描いた「女たち」に注目、特集企画で8作品上映

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて