サイ・トゥオンブリーの写真展に100枚、田中義久&ホンマタカシのトークも

『サイ・トゥオンブリーの写真―変奏のリリシズム―』が、4月23日から千葉・佐倉のDIC川村記念美術館で開催される。

子どもの落書きを思わせる作風で知られるアメリカ抽象表現主義の第2世代の画家サイ・トゥオンブリー。1996年には『高松宮殿下記念世界文化賞』、2001年には『ヴェネチア・ビエンナーレ』金獅子賞を受賞したが、2011年に83歳で逝去した。

同展では、トゥオンブリーが1951年から2011年までの60年間で撮影した写真作品の中から100点を展示。あわせて絵画3点、彫刻4点、ドローイング4点、版画18点を展示することで、様々な表現方法を用いたトゥオンブリーの作品に共通する眼差しを考察する。

なお、5月28日には同志社大学教授で写真評論家の清水穣による講演会、7月23日にはグラフィックデザイナーの田中義久(Nerhol)と写真家のホンマタカシによるトークイベントが開催される。

イベント情報

『サイ・トゥオンブリーの写真―変奏のリリシズム―』

2016年4月23日(土)~8月28日(日)
会場:千葉県 佐倉 DIC川村記念美術館

時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(7月18日は開館)、7月19日
料金:一般1,200円 学生・65歳以上1,000円 小中学生・高校生600円
※5月5日はこどもの日のため高校生以下入館無料、5月18日は国際博物館の日のため入館無料

  • HOME
  • Art,Design
  • サイ・トゥオンブリーの写真展に100枚、田中義久&ホンマタカシのトークも

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて