「文化庁文化交流使」に佐藤可士和、山田うん、佐野文彦ら6人

2016年度の文化庁文化交流使が発表された。

文化庁が芸術家や文化人など文化に携わる人々を指名し、一定期間諸外国へ派遣する文化庁文化交流使事業。派遣された文化交流使は、それぞれの専門分野において実演や実技指導、講義、共同制作などに従事し、世界の人々の日本文化への理解の深化や、諸外国の芸術家、文化人らとのネットワーク形成に繋がる活動を行なう。2003年から述べ127人、26組の交流使が79か国で活動しており、これまでに小野寺修二、岡田利規、土佐信道、畠山直哉、長谷川祐子、森山未來、塩田千春らが指名された。

今年度の文化交流に指名されたのは、クリエイティブディレクターの佐藤可士和、建築家・美術家の佐野文彦、アーティストの土佐尚子、日本舞踊家の藤間蘭黄、落語家の柳家さん喬、振付家・ダンサーの山田うんの6人。佐藤はフランス、アメリカなど、山田はイスラエル、ドイツ、カナダなどで活動を行なう。

  • HOME
  • Life&Society
  • 「文化庁文化交流使」に佐藤可士和、山田うん、佐野文彦ら6人

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて