ニュース

神山健治監督の新作アニメ映画『ひるね姫』、2017年に公開

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』背景美術 ©2017 ひるね姫製作委員会
『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』背景美術 ©2017 ひるね姫製作委員会

神山健治監督の新作映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が2017年に公開されることがわかった。

アニメ『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズや『東のエデン』『精霊の守り人』などをこれまでに手掛けてきた神山監督。『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2020年の東京オリンピックを目前にした岡山が舞台の作品となり、神山監督が脚本も手掛ける。

キャラクター原案は映画『猫の恩返し』の森川聡子、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」のデザイン原案は映画『ベイマックス』に参加したコヤマシゲト、作画監督は『東のエデン』の佐々木敦子が務める。アニメーション制作はシグナル・エムディが担当。

神山健治監督のコメント

重苦しい現実と対峙していかなければならない時代に、アニメーション映画がやるべきことは何か? 自問自答していたある日、「自分の娘に観せたい映画を作ったらどうだ」と言われふっと天真爛漫な女の子とお父さんの物語が浮かんできました。でもこれがなかなか一筋縄ではいかずどうしたら娘に観てもらえるかを考えながら奮闘する毎日でした。この物語は、あるミニマムな個人の想いに寄りそった「父と娘の物語」です。

作品情報

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』

2017年に全国公開

監督・脚本:神山健治
アニメーション制作:シグナル・エムディ
配給:ワーナー・ブラザース映画

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の主人公・森川ココネ(左)とハーツ(右)のデザイン画 ©2017 ひるね姫製作委員会
『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の主人公・森川ココネ(左)とハーツ(右)のデザイン画 ©2017 ひるね姫製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと