前田司郎演出×山田裕貴主演『宮本武蔵(完全版)』初ビジュアル

8月19日から東京・池袋の東京芸術劇場シアターイーストで上演される舞台『宮本武蔵(完全版)』のビジュアルが公開された。

劇団「五反田団」を主宰するほか、監督を務めた映画『ふきげんな過去』の公開も控える前田司郎が脚本・演出を手掛ける同公演。五反田団初の本格時代劇として2012年に上演された『宮本武蔵』に加筆して上演する。伝説の剣豪として知られる宮本武蔵を、臆病な等身大の若者として描く会話劇だ。

理想のヒーロー像とはかけ離れた主人公・武蔵を演じるのは『ふきげんな過去』にも出演している山田裕貴。同公演の制作は、昨年2月に行なわれた前田司郎によるワークショップに山田が参加したことをきっかけにスタートしたという。

前田は山田の起用について「僕はイケメンに偏見を持っているので、山田くんがワークショップに来てくれたときも『どうせイケメン芝居するんでしょ?』と思っていたが、馬鹿みたいな芝居をセンス良く真面目にやってくれた。イケメンを少し見直したのでした。それでもやっぱりイケメン主役の演劇には抵抗があったが、『僕の書いた宮本武蔵を山田君がやるのは面白いかも知れないなあ』と思い至ったのです」とオフィシャルサイトにコメントを寄せている。

公開されたビジュアルには、山田が刀を持っている様子に加え、矢崎広、内田慈、志賀廣太郎の姿が写し出されている。チケットの先行予約は山田、矢崎、遠藤雄弥のファンクラブ会員を対象に4月22日から受付開始。一般発売は6月18日からスタートする。

イベント情報

『宮本武蔵(完全版)』

2016年8月19日(金)~8月29日(月)全15公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:前田司郎
山田裕貴
矢崎広
遠藤雄弥
金子岳憲
鮎川桃果
大山雄史(五反田団)
山村崇子
内田慈
志賀廣太郎
料金:6,000円

  • HOME
  • Stage
  • 前田司郎演出×山田裕貴主演『宮本武蔵(完全版)』初ビジュアル

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて