ニュース

手塚治虫文化賞イベントで浦沢直樹×糸井重里対談、西原VSしりあがりも

『手塚治虫文化賞』ロゴ
『手塚治虫文化賞』ロゴ

『第20回手塚治虫文化賞 記念イベント』が5月29日に東京・有楽町朝日ホールで開催される。

1997年に朝日新聞社が創設した『手塚治虫文化賞』。第20回を記念して開催される同イベントでは、浦沢直樹と糸井重里による対談『漫画家という仕事~描線ということば~』、西原理恵子としりあがり寿による『画力対決七番勝負~ふたりとも、10年経って絵は上手くなりましたか?~』が行なわれる。参加申込は朝日新聞社のオフィシャルサイトで5月11日まで受付中。参加者には手塚プロダクション製作のオリジナルピンバッジがプレゼントされる。また当日は『第20回手塚治虫文化賞』の贈呈式も開催予定。

なお『第20回手塚治虫文化賞』マンガ大賞の最終候補作品には、推薦で1位を獲得した高野苺『orange』をはじめ、野田サトル『ゴールデンカムイ』、谷口ジローと久住昌之の『孤独のグルメ』、末次由紀『ちはやふる』、高浜寛『蝶のみちゆき』、一ノ関圭『鼻紙写楽』、あずまきよひこ『よつばと!』の7作品が選出されている。受賞作品は4月27日に朝日新聞朝刊で発表される予定だ。

イベント情報

『第20回手塚治虫文化賞 記念イベント』

2016年5月29日(日)13:30~17:00
会場:東京都 有楽町朝日ホール

『漫画家という仕事~描線ということば~』
出演:
浦沢直樹
糸井重里

『画力対決七番勝負~ふたりとも、10年経って絵は上手くなりましたか?~』
出演:
西原理恵子
しりあがり寿
司会:八巻和弘

料金:1,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場