花沢健吾特集の『文藝別冊』、浅野いにおら8作家のトリビュート作も

漫画家・花沢健吾を特集する『KAWADE夢ムック 文藝別冊「花沢健吾 ヒーローなき世界を生きる」』が本日4月21日に刊行された。

『ルサンチマン』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』などの作品を手掛け、4月23日には『アイアムアヒーロー』の実写映画版が公開される花沢健吾。『KAWADE夢ムック 文藝別冊「花沢健吾 ヒーローなき世界を生きる」』では、花沢へのロングインタビューや、描き下ろし漫画『俺は運がよかっただけだった』、浅野いにお、魚戸おさむ、すぎむらしんいち、きらたかし、若杉公徳、古泉智浩、三島衛里子、鳥飼茜によるトリビュートイラストや漫画が掲載される。

また映画『アイアムアヒーロー』の監督・佐藤信介と主演の大泉洋、映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』で主演を務めた峯田和伸(銀杏BOYZ)へのインタビューや、中川翔子と花沢の対談、再録となる伊坂幸太郎と花沢の対談を収録。さらに『アイアムアヒーロー』2話分のネームや、単行本未収録の2作品も掲載される。寄稿者には町山智浩、とみさわ昭仁、枡野浩一、安田理央、松江哲明が名を連ねている。

書籍情報

『KAWADE夢ムック 文藝別冊「花沢健吾 ヒーローなき世界を生きる」』

2016年4月21日(木)発売
価格:1,404円(税込)
発行:河出書房新社

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 花沢健吾特集の『文藝別冊』、浅野いにおら8作家のトリビュート作も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて