ニュース

松坂桃李が男娼役、三浦大輔演出のR-15舞台『娼年』に佐津川愛美ら

上段左から時計回りに、松坂桃李、高岡早紀、佐津川愛美、村岡希美、安藤聖、須藤理彩、古澤裕介、米村亮太朗、良田麻美、猪塚健太
上段左から時計回りに、松坂桃李、高岡早紀、佐津川愛美、村岡希美、安藤聖、須藤理彩、古澤裕介、米村亮太朗、良田麻美、猪塚健太

三浦大輔演出の舞台『娼年』の追加キャストが発表された。

8月26日から東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスほかで上演される同作は、石田衣良の小説『娼年』とその続編『逝年』をもとにした作品。フリーターの森中領が、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香と出会い、彼女の勧めで始めた男娼の仕事にやりがいを見出していく様や、次第に惹かれ合う2人の恋愛模様を描く。領役を松坂桃李、静香役を高岡早紀が演じることがこれまでに発表されていた。

発表された追加キャストは、領の「情熱の試験」の相手をする静香の娘・咲良役の佐津川愛美、領の客となる女性役を演じる村岡希美、安藤聖、良田麻美、須藤理彩、領の先輩・アズマ役の猪塚健太、田島進也役の米村亮太朗、泉川役の古澤裕介。また美術を三浦作品に初参加となる島次郎が担当することも発表された。

なお同公演は作品の特性上、R-15指定で上演される。東京公演のチケットは6月11日から一般発売。

イベント情報

『娼年』

東京公演
2016年8月26日(金)~9月4日(日)全13公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 プレイハウス
脚本・演出:三浦大輔
原作:石田衣良『娼年』『逝年』(集英社)
出演:
松坂桃李
高岡早紀
佐津川愛美
村岡希美
安藤聖
良田麻美
須藤理彩
猪塚健太
米村亮太朗
古澤裕介
ほか
料金:S席9,800円 学生席6,500円
※9月に大阪公演、福岡公演も予定

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音