ニュース

村上春樹とイラストの関係に注目する企画展に佐々木マキ、安西水丸ら

和田誠、安西水丸『仲良し』2010年 個人蔵
和田誠、安西水丸『仲良し』2010年 個人蔵

企画展『村上春樹とイラストレーター ―佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸―』が、5月25日から東京・上井草のちひろ美術館・東京で開催される。

同展は村上春樹の小説やエッセイ、絵本、翻訳本などの装画や挿絵を担当した佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸の絵に焦点を当てた企画展。村上の初期3部作『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』の表紙や、初公開作品を含む約200点の作品が展示される。

会場では、村上が小説やエッセイなどで使い分ける文体と、4人のイラストレーターが作品にあわせて画材や技法を変えて描いたイラストの相互関係を紹介する。なお会期中には、読書会や村上の担当編集者のトークイベントなども行なわれる。詳細についてはちひろ美術館・東京のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『村上春樹とイラストレーター ―佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸―』

2016年5月25日(水)~8月7日(日)
会場:東京都 上井草 ちひろ美術館・東京

時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日、8月1日は開館)
料金:大人800円 65歳以上・学生証をお持ちの方700円
※高校生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は半額、付添者1名は無料
※視覚障がい者は無料

安西水丸 『ふわふわ』(講談社)より 1998年 個人蔵
安西水丸 『ふわふわ』(講談社)より 1998年 個人蔵
佐々木マキ 『羊男のクリスマス』(講談社)より 1985年 個人蔵 ©Maki Sasaki 1985 by Medialynx Japan
佐々木マキ 『羊男のクリスマス』(講談社)より 1985年 個人蔵 ©Maki Sasaki 1985 by Medialynx Japan
佐々木マキ 『風の歌を聴け』(講談社)表紙 1979年 個人蔵 ©Maki Sasaki 1979 by Medialynx Japan
佐々木マキ 『風の歌を聴け』(講談社)表紙 1979年 個人蔵 ©Maki Sasaki 1979 by Medialynx Japan
大橋歩『猫に名前をつけるのは』  『サラダ好きのライオン村上ラヂオ3』(マガジンハウス)より 2012年 個人蔵
大橋歩『猫に名前をつけるのは』 『サラダ好きのライオン村上ラヂオ3』(マガジンハウス)より 2012年 個人蔵
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル